スポーツ

天才テリー伊藤対談「蝶野正洋」(2)今だと蝶野さんはビンタの人なの!?

20170316b

テリー プロレスファンの反応も気になりませんか。だって蝶野さんは「黒のカリスマ」「黒の総帥」じゃないですか。

蝶野 でも、番組を観てくれている人は、レスラー時代を知らない人が多いんですよ。俺のファンって、だいたい45歳前後だと思いますけど、3年前から出ているNHKの「天才てれびくん」はまず観てないですしね。たぶん、唯一観ているのは、大みそかの(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!)「笑ってはいけない」シリーズのビンタぐらいでしょう。

テリー ハハハ、確かにあれは視聴率も高いし、大人気ですから。

蝶野 あれも、もう10年くらい出ていますからね。俺のプロレスなんか知らない今の中高生とか20歳前後ぐらいの人たちにしてみたら、もう「ビンタのおじさん」っていうイメージしかないみたいです(笑)。

テリー それはしかたないのかもなァ。長嶋(茂雄)さんだってスーパースターなのに、ユニホームを脱いだ時から、若い世代には「甲高い声の、変な英語を使う人」だからなァ(笑)。

蝶野 バラエティに出るようになって、初めて出演者の皆さんそれぞれが、すごいキャリアを持っていて、同じ場所で競争しているんだと意識することができましたね。

テリー そもそもバラエティは好きだったんですか?

蝶野 俺だけじゃなく、レスラーって基本的にやんちゃですし、イタズラばっかりしてますから。人を楽しませたり、喜ばせたりするのは好きですよね。

テリー やっぱり自己演出ができなかったら、プロレスラーになれないものね。

蝶野 ただ、バラエティで笑いのプロの人たちの中に入ってしまったら、レスラーのやることなんて幼稚園レベルで、まったく通用しないです。

テリー 特に、今のお笑いの人たちはレベルが高いですからね。

蝶野 今まではゲストで行って、ただ自分のパフォーマンスを出せばよかったんですけど、今は1時間の生放送という限られた時間の中で、自分をアピールしなくてはいけない。それはすごく難しいです。

テリー プロレスの時には、あまり自己アピールなどは考えていなかった?

蝶野 日本のプロレスは、ある程度ハンディカメラも追いかけてくれるから、試合中そこまでカメラを意識する必要がなかったんです。でも、マサ(斎藤)さんにアメリカに連れて行ってもらった時に、意識が変わりましたね。

テリー それは、どういうことですか。

蝶野 例えば、マサさんがボストンクラブなんかをキメると、会場の観客じゃなくて、カメラに向かって「オオッ!」とアピールするんですよ。「アメリカでは、メインのカメラがどこにあるかを意識しろ。会場にいる1万人じゃなくて、テレビの向こうの何十万人にアピールしろ」って言われたのが、すごく印象に残っています。

テリー そうか、「魅せるプロレス」に開眼したんですね。

蝶野 だから俺も、いちおうカメラありきの業界で育ってきたつもりだったんですけど、バラエティというのはまた全然違いますね。言葉遣いとか、言ってはいけないこととか。

テリー 1年ぐらいやれば慣れてきますって。

蝶野 そうですかね、今はもう精いっぱいですから。今年の1カ月は1年ぐらいに感じられますね(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!