芸能

ビートたけしが目を丸くした日本とハリウッド映画の“撮影の違い”とは?

 北野武監督が俳優・ビートたけしとして22年ぶりにハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」に出演。3月16日にヒロインのスカーレット・ヨハンソン、ルパート・サンダース監督らが出席して来日記者会見が行われた。同作は人気SFコミック「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」の実写版で、たけしは原作ファンの反応の良さにご機嫌。「もしかすると実写版で最初に成功した例じゃないか」と胸を張ってみせた。

 日本とハリウッドとの撮影の違いを聞かれたたけしが熱弁を振るったのが、金のかけ方。まず「自分が監督をやるときは非常に簡単に1テイクが多い」と説明。多忙な自身のスケジュールを優先することと予算を抑えるために、たいていテスト1回、本番1回で終わる。だが、本作ではかなりねちっこく撮られたそう。

「歩くシーンで、監督から『Good』って言われて、よかったのかと思ったら、『One more』と言われてやり直し。その後は『Nice、one more』『Very Good, one more』『Excellent, one more』『Genius ,one more』とやり直させられた。自分は最高3カメくらいしか回さないが、5台のカメラでそれも5回か6回やって、30カットくらいの撮り方をした。『これはお金かかるなとつくづく思いました』と目を丸くしていた」(映画ライター)

 とはいえ、たけしも4本目の監督作となる映画「ソナチネ」で、とんでもない贅沢をしていた。

「それまでの監督作は映画評論家の評価が低く、観客の反応も悪くてコケてばかりいたので、製作時に『自分の最後の作品にしようと思って、好きなもん撮ってやろう』と、5億円もの製作費をかけ、“隠れ家”として、本建築で家を一軒建てていたが、結局、最後まで使わずじまいだった。額の大きさはハリウッドにかなわないにしても、かなりの贅沢なのでは」(スポーツ紙記者)

 4月7日公開の同映画で、こだわりの1シーンが拝める。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?