芸能

フリー美女アナ「勝ち組・負け組」のオフレコ評判!(3)加藤綾子に「負け組」オーラが…

 ここに来て「負け組」のオーラを放ち始めたのが加藤綾子(31)だ。

「フジの新番組『最上級のひらめき人間を目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』のMCが決まりましたが、そもそも視聴率低迷で打ち切られた前番組『クイズやさしいね』にも出演していただけに、結果を残せなければ“数字が取れない女子アナ”の烙印が押されかねないでしょう」(制作会社関係者)

 加えて加藤自身の“変化”も指摘されつつある。きっかけは「春の火災予防運動」を呼びかける東京消防庁のポスターだ。

「官公庁の仕事とあってか、デカデカと写る婦警の姿をしたカトパンは、スッピンに近いメイク。そのため顔はのっぺりしていて、かなりフケたように見えるんです。都内のたいていの公共施設に貼られていて、見た瞬間に『えっ、誰!?』と驚いたファンも多かったようです」(芸能記者)

 今後は気合いのメイクで、人気凋落に歯止めをかけたいところだ。

 現在、5本の地上波レギュラーを持つ売れっ子の田中みな実(30)にも、明暗の“暗”が忍び寄る。

「『SMAP×SMAP』(フジ系)の後番組『もしかしてズレてる?』は、一時は視聴率が3%台に落ち込みながらも何とか打ち切りを免れましたが、いつ終わってもおかしくない状況」(前出・芸能記者)

 その低迷ぶりは、私生活にも影響しているようで、

「元カレ、オリラジの藤森慎吾(34)に未練タラタラで、なかなか次の恋に進めない様子。田中は、交際時に2人で行っていた青山の美容院にいまだに通っています。藤森も行きつけにしているので、店員が鉢合わせしないようスケジュールをやりくりしているそうです」(前出・芸能記者)

 一方、レギュラーゼロの苦境に立たされたのが枡田絵理奈(31)だ。昨年10月、フリー転身後に古巣で初めてつかんだレギュラー「クイズ☆スター名鑑」(TBS系)が、わずか4カ月で突然打ち切りになってしまった。

「所属がローラ(26)やダレノガレ明美(26)のいるモデル系事務所で、フリーアナとしての仕事を取ることに慣れていないんです」(前出・制作会社関係者)

 三杉氏も枡田の置かれた境遇を哀れむ。

「ここ数年は広島カープに在籍するプロ野球選手の旦那の成績が低迷し、本格的な活動再開に踏み切りました。ですが、仕事のたびに広島から上京するので、番組側も使いにくいという、同情的な面もあります」

 昨年7月に「NEWS23」(TBS系)のメインキャスターに就任した雨宮塔子(46)は、ブーイングの嵐にさらされているという。

「何しろコメントの内容が薄っぺらく、期待していたより数字が伸びていないんです。夕方の報道番組『Nスタ』のMCに抜擢されたホラン千秋(28)のように、華のあるタレントか、安くあがる局アナの起用を切望する声が上がっています」(番組関係者)

 オトナの美女を応援する我々としては、四十路アナに意地を見せてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代