芸能

ブルゾンちえみ、パクリを認めても干されないのは大御所の前例のおかげ?

 キャリアウーマンキャラで上から目線のアドバイスをするネタがウケ、今年大ブレイクしたお笑い芸人のブルゾンちえみ。

 しかし先月、ネット上でブルゾンの得意ネタである「花は、自分からミツバチを探しに行きますか?‥‥探さない。待つの」というフレーズが、占星術師のKeiko氏の著書内の言葉と酷似していたため、パクリ疑惑が持ち上がった。

「この騒動を受け、ブルゾン本人は週刊誌のインタビューに、『パクリというか‥‥感じ方は人それぞれだと思います』などと言葉を濁したため、ネット民からは、『もろパクリじゃん』『早く消えろ』などと批判が殺到しました」(週刊誌記者)

 一方で、業界内からはブルゾンを擁護する声も。

「ネットでは騒がれていますが、彼女が今すぐ芸能界から消える可能性はないでしょう。人気漫談家の綾小路きみまろもライブや本の中で、『サラリーマン川柳』からネタをパクっていたことがニュースで取り上げられましたが、その後も人気は衰えず、現在も中高年のスターとして活躍しています。実力が伴えば、きみまろのようにさらに飛躍することもできる。実際、ブルゾンは4月期のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で、キャラと真逆の女子力が低いリケジョ役を好演し、視聴者からの評価も高いようなので、仮にあのネタが封印されても、“芸人女優”として生き残れるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 ドラマの成功でパクリ騒動を吹き飛ばし、本物の「キャリアウーマン」となることに期待したい。

(佐藤ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?