スポーツ

阪神タイガース「掛布入閣」急加速のドス黒舞台ウラ!(2)

「監督就任」が浮かんでは消え

 急加速する掛布氏の「入閣待望論」だが、すでに球団内の一部フロントは、その手腕を高く買っていた。

 在阪プロ野球担当記者が明かす。

「実は、新井貴浩(35)が交流戦明けの11試合で、42打数15安打と爆発したことがあった。その後は失速してしまったが、『新井復活』の陰には掛布氏のアドバイスがあったんです。しかも秘密裏に行われたので、内容は明かされていませんでしたが、見違えるように新井のバッティングが変わったので、フロントの中から『掛布を見直した』という声が出たほどです」

 過去には、他球団からたびたび監督就任のオファーもあったが、いずれも不調に終わった。その理由は、「酒癖の悪さ」と、高額の年俸を要求するという「プライドの高さ」にあった。

 スポーツジャーナリストの織田淳太郎氏がこう言う。

「これまでも千葉ロッテや楽天から監督就任の要請がありました。通常、球団が新しい監督を探す場合、その身辺調査をしてから、第三者を介するなどして打診を行うのですが、千葉ロッテが掛布氏を次期監督候補にあげた時、身辺調査をする前に本人にアポイントを入れてしまいました。掛布氏は監督要請だと思い、期待してロッテ側と会ったんですが、雑談だけで終わった」

 04年、楽天がプロ野球参入直後に真っ先に監督就任を要請したのも他ならぬ掛布氏だった。ところが、監督の年俸の相場を知らない三木谷浩史オーナーに対し、掛布氏は新任監督とは思えない高額な年俸を要求して、怒りを買ったとも。

 さらには、阪神内でも水面下で、“掛布監督誕生”の機運が高まったこともあったという。

 ジャーナリストの加藤慶氏が解説する。

「それは岡田監督の退団が決まった08年オフのことです。阪神の親会社である阪急阪神ホールディングスが『ポスト岡田』をしぼり込む中で、阪急側から掛布氏の名前が出たんです。阪神側が猛反対し、最後は星野仙一シニアディレクター(当時)が根回しをして、真弓(明信)氏に決まった」

 この時点で、掛布氏の阪神復帰はついえたかに見えた。ところが、ここにきて掛布氏復帰を実現するうえで、心強い“援軍”が現れたのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜“不貞疑惑”にまたしゃしゃり出て拡大させたダルビッシュの愚
2
「沢尻逮捕」の衝撃再び?30代元アイドルの「薬物使用」報道でネットに実名乱立!
3
最後はメンバー不祥事で自滅…AAA“解散”背景と垣間見える業界の“闇”
4
土屋太鳳、前から横からの全身写真で再証明した“タオパイ”のド迫力!
5
大食い王決定戦のトラブルは本当だった!魔女が番組サイドの理不尽を告発