芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(5)HIP編11位~20位…深田恭子は写真集で大胆に強調

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 人類にとってオンナの魅力を古来よりアピールするのは、そして最後に戻ってゆく場所は「HIP」という桃源郷にほかならないのだ。

11位・村上友梨(165センチ B89・W58・H84)

 女優業とグラビアの両方の活動を精力的にこなしながら、着実にボディのほうも成長した。特にヒップラインはサイズ以上の迫力。

12位・佐藤聖羅(158センチ B88・W58・H88)

 SKE48在籍中から、グラビアへの取り組みは誰よりも真剣だった。ここまで恵まれたパーツを持っていれば、力が入るのも必然である。

13位・浜田翔子(157センチ B80・W54・H83)

 実は誰よりも早く、グラビアにおけるヒップ露出にこだわった功労者。スレンダーな小尻ではあるが、裸も辞さない覚悟で見せまくった。

14位・為近あんな(160センチ B83・W60・H88)

 おそらく、美尻の黄金比としては「バストより5センチ大きいヒップサイズ」となるが、ドンピシャで当てはまるのが為近のピーチHIP。

15位・月城まゆ(160センチ B86・W58・H88)

 手越祐也とのウワサもあったが、もし事実なら美尻に魅せられたか? 今年のミスFLASHに選ばれ、さらに注目を浴びそうだ。

16位・深田恭子(163センチ B86・W62・H88)

 立て続けに出版した写真集では、これでもかと三十路のムッチリHIPを強調。男たちだけでなく、女子にも支持される理由がそこにある。

17位・片岡沙耶(154センチ B90・W60・H86)

「下チチ天使」と呼ばれるGカップも捨てがたいが、あどけない顔立ちからのぞく張りのあるフトモモと、風船のようなHIPも買い!

18位・松嶋えいみ(168センチ B87・W60・H86)

 女豹のような肢体を持つが、最新作ではさらに大胆な試み。自慢のHIPに目をやると、何とシースルー仕様という大胆ショットだ。

19位・葉月あや(152センチ B90・W56・H86)

 まずはHカップのド迫力バストで先制パンチ。そして後ろを振り向き、キュキュッと音がしそうな完璧ヒップで息の根を止めさせる。

20位・内田理央(166センチ B80・W58・H82)

 売り出し中の新進女優が挑んだ最新写真集は、スレンダーな背中から小ぶりなHIPを表紙で見せ、大胆な面をアピールしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白