芸能

天才テリー伊藤対談「石田純一」(1)小池さんは短期で成果を上げないと

●ゲスト:石田純一(いしだ・じゅんいち) 1954年、東京都生まれ。3歳から6歳までを米・ワシントンで育つ。早稲田大学在学中に映画・演劇を学ぶため渡米。79年、NHKドラマ「あめりか物語」で俳優デビュー。83年、ハリウッドNBCのテレビシリーズ「マルコ・ポーロ」に準主役で出演。85年、日豪合作「カウラからの脱走」に主演、豪アカデミー賞作品賞を受賞。88年、ドラマ「抱きしめたい!」(フジテレビ系)出演。これを機にトレンディドラマを代表する俳優に。一方で97年から「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)のメインキャスターに就任するなど幅広く活躍。2009年、東尾理子と結婚。現在は1男1女の父。昨年7月、東京都知事選に出馬を表明するが断念。「おはよう朝日です」(ABC)、「TOKYOモダン商店」(BS日テレ)他にレギュラー出演中。

 トレンディドラマで「平成のプレイボーイ」として一躍人気を博し、その後バラエティや情報番組と活躍の場を広げる俳優・石田純一。天才テリーを相手に、昨年夏の都知事選における出馬表明の真意、政治への目線、妻・東尾理子や子供たちとの暮らしをダンディに語った!

テリー まずあらためてうかがいたいんですが、去年の都知事選へ出馬宣言された時はどういう思いでしたか?

石田 いちばん強かったのは、国民・都民の声と、国会や都議会の中で行われていることが、あまりにもかけ離れていることに対する疑問や憤りです。例えば、集団的自衛権の行使とか原発の再稼働とか、特定秘密保護法に関してもそうですけど、街に出て意見を聞けば反対のほうが多いんですよ。それなのに国会や都議会では賛成が80%に近い‥‥議会の内と外の意識のズレに危機感を募らせていました。

テリー で、舛添(要一)さんが、あんな形で都知事を辞めることになったことで一歩踏み込んだと。民進党から石田さんへ出馬のオファーがあったんですか。

石田 そうですね、それまでも民進党に限らず、そういうオファーはちょこちょことあったんですけど。

テリー どうして断念することになったんですか?

石田 あの時いろいろ報道されたとおりなんですけど結局、民進党の中で時間内には推薦の話がまとまらなかったのが大きいですね。

テリー お金の話もいろいろ出てましたけど?

石田 ありました(苦笑)。CMとか収録済みの番組なんかで「都知事選に出るんだったらオンエアはできないよ」と。もちろん話し合いはしましたけど、一部の番組やCMに関しては弁償しなくてはいけなくなりました。まァ、実際は出馬しなかったので、莫大な額ではなくなったんですけど。

テリー 出ていたら、やはり大変でしたか。

石田 はい、億どころじゃないですね。

テリー うひゃー!でも、それだけの覚悟を持っての宣言だったんですね。現在の小池(百合子)都知事の動向をどう見ていますか?

石田 「大改革」という看板ほど革新性があるとは思わないですね、「政策」がまだ見えてこないので。私怨をはらんだ都議会の“改革”や都庁の“改革”には着手したかもしれないですが(笑)、今のところは新たな流れを作るというより、流れをつかむのがとにかくうまいと思います。

テリー 仮想敵を作るのも上手ですよね。

石田 そうですね。今は見違えるように、生き生きとされてますが、以前お食事をご一緒した時は、あまりお元気とは言えなかった。

テリー まァ、その頃の小池さんは自民党内で干されてたような時期もありましたし。

石田 ええ。ただ、築地のことを都議選の焦点にしようとか、あんまりスケベ根性は出さないほうがいいと思うんです。

テリー 確かに、ちょっと引っ張りすぎですよね。

石田 それこそルーズベルトの時代から100日とか3カ月とか、短いスパンで成果をあげる政治家のほうが人気がガッと上がるじゃないですか。小池さんにもそういう勢いでやってほしいんですけどね‥‥長引かせると潮目が変わるおそれがありますから。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?