芸能

テレビ美女たちの「アンダーウェア」事情を一挙報告!(3)高橋真麻が明かした「女子アナはみんな…」

 4月12日の「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で、進行役の加藤綾子(31)がEカップであることを認めたが、丸山氏は「何だか最近は大盤ぶるまい」だとして、次のように解説する。

「先日、日テレのバラエティ番組にゲストとして招かれた際には、深いVネックの大胆な衣装でしたね。右肩からはブラヒモらしきものがチラ見えしていて、話題になりました」

 心躍るサプライズをみずからバラす向きも。

 フジの斉藤舞子アナ(35)は以前、バラエティ番組で、

「ズボンに下着のラインが出るのがイヤで、基本的にはTバックをはいています。あと、ブラとショーツがセットじゃないとイヤ。男性が見て萎えるような下着は絶対に着けません。毎日、いつ何時でもオーケー」

 なんと積極的なことか。

 上田まりえ(30)も「今夜くらべてみました」(日テレ系)に出演した際、

「ヌーディなブラとTバックにこだわりがある」

 と、これまたTバック好きを公言していた。

 こうした嗜好を裏付けるのが、高橋真麻(35)の「証言」だ。ワイドショースタッフが言う。

「真麻が出演したバラエティ番組に、小林麻耶(37)、亀井京子(34)、政井マヤ(40)など、多数のフリーアナが出演していました。そこで真麻が『(女子アナは)みんな、Tバックだった』と話すと、全員が『うん』と、うなずいた。女子アナはTバック好きであることがわかったんです」

 ズボンから「パン筋」が透けないように、との理由もあるようだが、グラビア界では、パン筋どころか、

「撮影現場にやって来るグラビアアイドルなどは、基本的にノーパン、ノーブラです。下着を着けてきた場合、その跡が消えるまでに時間がかかったり、ボディラインが崩れているように見えてしまうので」(芸能プロ関係者)

 現場のスタッフがうらやましいかぎり。

 そうした「下着文化」を守っているのが壇蜜(36)で、

「ふだんからノーパン、ノーブラ生活が基本なのだそうですが、股間を冷やさないように、寝る時にだけはいている。奇抜な衣装が多いグラビアの反動か、オバちゃんっぽい色とデザインを好んでいるそうです」(芸能レポーター)

 洋服の下に隠された「ヒ・ミ・ツ」をノゾキ見してみると、そこには美女たちのこだわりが目いっぱい詰まっていたのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?