芸能

テレビ美女たちの「アンダーウェア」事情を一挙報告!(3)高橋真麻が明かした「女子アナはみんな…」

 4月12日の「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で、進行役の加藤綾子(31)がEカップであることを認めたが、丸山氏は「何だか最近は大盤ぶるまい」だとして、次のように解説する。

「先日、日テレのバラエティ番組にゲストとして招かれた際には、深いVネックの大胆な衣装でしたね。右肩からはブラヒモらしきものがチラ見えしていて、話題になりました」

 心躍るサプライズをみずからバラす向きも。

 フジの斉藤舞子アナ(35)は以前、バラエティ番組で、

「ズボンに下着のラインが出るのがイヤで、基本的にはTバックをはいています。あと、ブラとショーツがセットじゃないとイヤ。男性が見て萎えるような下着は絶対に着けません。毎日、いつ何時でもオーケー」

 なんと積極的なことか。

 上田まりえ(30)も「今夜くらべてみました」(日テレ系)に出演した際、

「ヌーディなブラとTバックにこだわりがある」

 と、これまたTバック好きを公言していた。

 こうした嗜好を裏付けるのが、高橋真麻(35)の「証言」だ。ワイドショースタッフが言う。

「真麻が出演したバラエティ番組に、小林麻耶(37)、亀井京子(34)、政井マヤ(40)など、多数のフリーアナが出演していました。そこで真麻が『(女子アナは)みんな、Tバックだった』と話すと、全員が『うん』と、うなずいた。女子アナはTバック好きであることがわかったんです」

 ズボンから「パン筋」が透けないように、との理由もあるようだが、グラビア界では、パン筋どころか、

「撮影現場にやって来るグラビアアイドルなどは、基本的にノーパン、ノーブラです。下着を着けてきた場合、その跡が消えるまでに時間がかかったり、ボディラインが崩れているように見えてしまうので」(芸能プロ関係者)

 現場のスタッフがうらやましいかぎり。

 そうした「下着文化」を守っているのが壇蜜(36)で、

「ふだんからノーパン、ノーブラ生活が基本なのだそうですが、股間を冷やさないように、寝る時にだけはいている。奇抜な衣装が多いグラビアの反動か、オバちゃんっぽい色とデザインを好んでいるそうです」(芸能レポーター)

 洋服の下に隠された「ヒ・ミ・ツ」をノゾキ見してみると、そこには美女たちのこだわりが目いっぱい詰まっていたのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?