芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(11)脚線美編8位~15位…撮影スタッフが中村静香を絶賛

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 どうかひとつ、長~い脚を見せてやってください。21世紀を迎えてさらに進化するハイパーボディが、ここに一種の完成品となる。

8位・中村静香(163センチ B88・W59・H86)

 酒飲み姿が愛らしい。まんまるバストが美しい。そんなイメージだが、撮影スタッフが声を揃えるのは「ものすごい美脚!」の新発見。

9位・若尾綾香(168センチ B82・W56・H84)クローズアップインタビュー

──宇多田ヒカルの顔そっくりさんで話題だけど、小柄な本家に対して、ボディは別次元だね。

若尾 まず水泳、そして中学ではバスケをやってて、きれいな体を作りたいと思ったので高校から新体操を始めました。

──いろんな競技がハイブリッドされた美脚なのか。これだけのスタイルを維持するのは大変?

若尾 いえ、私はお米をしっかり食べながら、だけど腹八分目に抑えることだけ守っています。

──さて宇多田ヒカルのそっくりさんでテレビにも出てたよね。

若尾 安倍総理が出た日の「笑っていいとも!」が最初でした。パーカーを着てフードかぶったりすると、ホントに間違えられます。

──次回はそんな撮影で(笑)。

10位・冴季澪(168センチ B96・W60・H90)

 な、何だ、このミステリアスな美女は? 実はレースクイーンであり、本格的な占い師であり、そしてHカップと長い脚の持ち主。

11位・矢吹春奈(164センチ B83・W58・H86)

 かつての完売クイーンは、海外留学などを経て再び芸能界に舞い戻った。現在は女優活動がメインだが、ハイパーボディは今も健在。

12位・田中道子(172センチ B80・W58・H83)

 ミス・ワールドの日本代表を経て芸能界に参戦すると、昨秋の「ドクターX」(テレビ朝日系)で“西田敏行のオンナ”役という肢体を生かした幸運デビュー。

13位・原幹恵(163センチ B94・W61・H88)

 Gカップのバストも、重量感たっぷりのヒップも一級品に違いないが、近年のグラビア界を引っ張った功績に対し、美脚部門で選出。

14位・飯豊まりえ(167センチ B75・W56・H88)

 ティーンズ誌のモデル時代は藤田ニコルらと同僚。そこから差をつけるかのようにすくすく成長し、こんなシャープなボディになった。

15位・殿倉恵未(166センチ B90・W62・H89)

 見事なおみあし──いいじゃないか、いいじゃないか。この開脚具合にこそ男たちは色香を感じ、そして、ひざまずきたいのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?