政治

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

「総理夫人」の重い肩書もなんのその。自由奔放にふるまい続け、国会証人喚問騒動まで起こした「最強の私人」に、私生活の試練が訪れている。家庭を飛び出し、戻りたくても戻れない。そこにはコワ~イ事情と修羅現場があったのだ。

「今まであの人にはさんざんな目にあわされてきたんだから!」

 そう言って、怒りのマグマを官邸スタッフにぶつけるのは安倍晋三総理(62)の母、洋子さん(88)である。故・岸信介元総理の長女にして、故・安倍晋太郎元外相の妻。三代にわたり政界の中枢を支え続けた「ゴッドマザー」だ。彼女がいたく腹に据えかねているのは、安倍昭恵夫人(54)。「さんざんな目」とは例えば、国会を揺るがす疑惑を生んだ「森友学園騒動」を指している。政治部デスクが解説する。

「森友学園が評価額の9割引きという破格の安さで大阪・豊中市の国有地を取得。建設される小学校の名誉校長に昭恵夫人が就任していたことで、口利き、政治介入が疑われました。15年9月5日、森友学園が経営する幼稚園へ講演に訪れた昭恵夫人が、籠池泰典理事長(64)に100万円を差し出したとの疑惑もあるなど、騒動解明のキーマンと見られています。安倍政権切り崩しのために、野党は理事長に続き、昭恵夫人の国会証人喚問を要求しました」

 みずから「私人」と称する昭恵夫人に代わり、矢面に立たされているのが安倍総理。予算委員会をはじめとした、場を選ばない野党からの集中攻撃を受けるや、「きわめて不愉快だ」「公共の電波で私と妻を侮辱した」と語気を強めていたのだ。

「安倍総理は騒動当初から『本当に知らない』と、側近たちに頭を下げながら説明していました。昭恵夫人は『私は夫が動けない代わりに見聞きして報告する義務がある』と語っていますが‥‥。総理も手を焼かされています」(自民党国会議員)

 思えば、盤石な自公体制を築き上げ、戦後歴代4位の在職期間を誇る安倍総理の弱点は、常に昭恵夫人だった。その自由奔放さから巻き起こされる騒動は枚挙にいとまがない。15年8月には布袋寅泰(55)とのスキャンダルが女性誌に報じられた。

「都内の会員制バーで酔っ払った昭恵夫人は『20年来のファン』と語る布袋を呼び出しました。一緒になるや、ぴったりと寄り添いだし、首に腕を絡ませたあげく、首筋にキスをしたんです」(芸能記者)

 週刊アサヒ芸能もあわや国際問題になりかねない「事件」を報じている(16年4月28日号)。昭恵夫人はオバマ米前大統領のミシェル夫人がホワイトハウスの庭でミツバチを飼育していることに感化され、総理公邸の庭に巣箱を設置。これに関係者が顔をしかめたのだ。政治ジャーナリストによれば、

「ホワイトハウスと公邸の庭の広さが段違いだということを考慮しなかったばかりに、ところ狭しとハチが飛び回ることになりました。海外の要人が訪れた時に刺されたら大問題になりかねませんでした」

 こうした言動の極め付きが、森友騒動だったのだ。

「世間が大騒ぎする中、籠池夫人に幾度となくメールを送っていたことが明るみに出て、火に油を注ぐことになった。昭恵夫人は『私が起こしたことだから、フォローしたかった』と悪気はないのですが‥‥」(前出・政治部デスク)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
3
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
4
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
5
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!