政治

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

「総理夫人」の重い肩書もなんのその。自由奔放にふるまい続け、国会証人喚問騒動まで起こした「最強の私人」に、私生活の試練が訪れている。家庭を飛び出し、戻りたくても戻れない。そこにはコワ~イ事情と修羅現場があったのだ。

「今まであの人にはさんざんな目にあわされてきたんだから!」

 そう言って、怒りのマグマを官邸スタッフにぶつけるのは安倍晋三総理(62)の母、洋子さん(88)である。故・岸信介元総理の長女にして、故・安倍晋太郎元外相の妻。三代にわたり政界の中枢を支え続けた「ゴッドマザー」だ。彼女がいたく腹に据えかねているのは、安倍昭恵夫人(54)。「さんざんな目」とは例えば、国会を揺るがす疑惑を生んだ「森友学園騒動」を指している。政治部デスクが解説する。

「森友学園が評価額の9割引きという破格の安さで大阪・豊中市の国有地を取得。建設される小学校の名誉校長に昭恵夫人が就任していたことで、口利き、政治介入が疑われました。15年9月5日、森友学園が経営する幼稚園へ講演に訪れた昭恵夫人が、籠池泰典理事長(64)に100万円を差し出したとの疑惑もあるなど、騒動解明のキーマンと見られています。安倍政権切り崩しのために、野党は理事長に続き、昭恵夫人の国会証人喚問を要求しました」

 みずから「私人」と称する昭恵夫人に代わり、矢面に立たされているのが安倍総理。予算委員会をはじめとした、場を選ばない野党からの集中攻撃を受けるや、「きわめて不愉快だ」「公共の電波で私と妻を侮辱した」と語気を強めていたのだ。

「安倍総理は騒動当初から『本当に知らない』と、側近たちに頭を下げながら説明していました。昭恵夫人は『私は夫が動けない代わりに見聞きして報告する義務がある』と語っていますが‥‥。総理も手を焼かされています」(自民党国会議員)

 思えば、盤石な自公体制を築き上げ、戦後歴代4位の在職期間を誇る安倍総理の弱点は、常に昭恵夫人だった。その自由奔放さから巻き起こされる騒動は枚挙にいとまがない。15年8月には布袋寅泰(55)とのスキャンダルが女性誌に報じられた。

「都内の会員制バーで酔っ払った昭恵夫人は『20年来のファン』と語る布袋を呼び出しました。一緒になるや、ぴったりと寄り添いだし、首に腕を絡ませたあげく、首筋にキスをしたんです」(芸能記者)

 週刊アサヒ芸能もあわや国際問題になりかねない「事件」を報じている(16年4月28日号)。昭恵夫人はオバマ米前大統領のミシェル夫人がホワイトハウスの庭でミツバチを飼育していることに感化され、総理公邸の庭に巣箱を設置。これに関係者が顔をしかめたのだ。政治ジャーナリストによれば、

「ホワイトハウスと公邸の庭の広さが段違いだということを考慮しなかったばかりに、ところ狭しとハチが飛び回ることになりました。海外の要人が訪れた時に刺されたら大問題になりかねませんでした」

 こうした言動の極め付きが、森友騒動だったのだ。

「世間が大騒ぎする中、籠池夫人に幾度となくメールを送っていたことが明るみに出て、火に油を注ぐことになった。昭恵夫人は『私が起こしたことだから、フォローしたかった』と悪気はないのですが‥‥」(前出・政治部デスク)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身