スポーツ

五月場所をかき回す「五人の無双」ガチ総見(3)若手注目は貴源治と豊山

 貴源治と並ぶ「大器」と見られているのは時津風部屋の三代目豊山(23)である。馬力のある押しが魅力の豊山には、新潟県出身力士では初代豊山以来となる大関昇進の期待もかかる。

「豊山は時津風部屋の伝統ある四股名。初代の承諾を得て襲名したが、それだけ周囲の期待も大きい」(相撲関係者)

 杉山氏も、将来の角界を背負って立つと予想する。

「三代目豊山は黙っていても強くなるでしょう。大関は間違いない。ということは、その上の横綱も狙えるということです。久々の大物です」

 時津風部屋には、次期大関の有力候補、正代がおり、稽古相手にも事欠かない。

「今場所、成績しだいでは、いきなり横綱との対戦も考えられます。14年の新入幕で横綱・鶴竜を破った逸ノ城(24)のように、大金星をあげれば、台風の目になるでしょう」(スポーツ紙記者)

 豊山が185センチ、170キロという申し分ない体躯を生かし、上位陣を力で圧倒する場面は十分に想定できるという。

「どっしりとした下半身から、上へと押し上げるように繰り出す押し相撲は、何より力強く、取り口がハマれば上位陣とも十分に渡り合えると思います」(荒井氏)

 一方で貴源治、豊山ら若い日本人力士が台頭する中、モンゴル人横綱の去就に注目が集まっている。

「鶴竜が昨年あげた勝星はたった57で、まさにクンロク横綱。先場所も日馬富士に負けてもらったような情けない相撲でやっと10勝した。もし、今場所一桁の勝ち星なら引退勧告が出ても不思議ではない」(前出・相撲関係者)

 優勝8回を誇る日馬富士も、弱さを露呈する場面が増えたという。

「条件がそろえば、突き刺さるような出足から相手を一気に持っていけるだけの力はまだ十分にある。ただ、集中力が続かない。先場所も稀勢の里に勝った翌日の玉鷲戦は浴びせ倒しであっけなく敗れている。同じ力士の相撲とは思えませんでした」(前出・スポーツ紙記者)

 今場所で角界の勢力図が大きく塗り替えられようとしている。それでも、前出・杉山氏はこう断言する。

「優勝候補の筆頭は白鵬。手負いの稀勢の里は10番勝てばよしとしましょう。恐らく、白鵬が賜杯を奪還し、存在感を見せると思います。全盛時の力はないとはいえ、第一人者です」

 新鋭とベテランが勢ぞろいした夏場所。ガチンコの名勝負を期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!