芸能

寄生虫8匹が大暴れ! 10時間の手術に耐えた庄司智春はドM!?

 5月10日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、最近患者が爆発的激増中のアニサキス中毒についての特集で、お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春が七転八倒の体験談を明かした。昨夏、庄司が地方ロケで鮭イクラ丼を食べたところ、夜、就寝中に激痛で飛び起きたという。5分ごとに繰り返される胃の痛みでその晩は一睡もできず。翌日もロケが続いていたため、痛みを我慢。夜中、仕事終了後に救急病院に向かった。診断結果は胃痙攣だが、痛みは続いたまま。翌朝、別の病院で診てもらい、アニサキス中毒であることがわかった。

「アニサキス中毒は寄生虫アニサキス幼虫によって引き起こされる食中毒で、この10年で食中毒報告件数が20倍に増加。魚介類に寄生し、特に生のサバ・イワシ・カツオ・サケ・イカ・サンマ・アジなどを食べると発症する。胃の粘膜に噛みつくなどし、激しい腹痛や嘔吐を引き起こす。予防法は、できるだけ生食を避け、加熱、冷凍する。調理する際は内臓を取り除く。刺身でも幼虫がいないか目をこらす。食酢、塩漬け、醤油やわさびでは、死滅しないので、しめサバも要注意です」(医療ライター)

 庄司を担当した医師は内視鏡で胃の中をチェック。するとたちまち4匹のアニサキスを発見。その後10時間かけて合計8匹のアニサキスを除去。庄司の胃壁はアニサキスに噛みつかれて血だらけ。あまりの数の多さに医師も目を丸くしたという。庄司は以来トラウマになり、生の魚介類がNGになってしまったそうだ。

 同番組の谷岡慎一アナも昨夏、イクラの寿司でアニサキス中毒を発症、たった1匹で内臓がねじれるような激痛だったことを打ち明けた。芸能界では、渡辺直美や南海キャンディーズの山里亮太、益子直美らがアニサキス中毒を発症している。

 それにしても、いくら仕事で抜けられないとはいえ、2日間も七転八倒の痛みに耐え、10時間の大手術に耐え抜いた庄司。まさか、日頃から藤本美貴夫人に鍛えられていて、ドM気質になっていた!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声