芸能

二階堂ふみの魅力を半減させた異色ドラマでの“普通の女の子”役

 綾野剛が主演するドラマ「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)が苦戦を強いられている。初回の視聴率こそ11.2%と2ケタだったものの、以降は第2話7.3%、第3話8.4%と低空飛行を続けているのだ。

 その理由の1つに、綾野演じるフランケンシュタインを思わせる不死の怪物・深志研がうれしくなると首からにょきっと生やしてしまうキノコや、同じく深志が寝た後の布団に群生したシメジ、納豆を食べた翌朝の深志が寝た布団に生えたナメコなどが「気持ち悪い」と激しく不評を買っていることが挙げられる。さらに深志から恋心を寄せられるヒロイン津軽継美を演じる二階堂ふみが「棒演技すぎる」と視聴者からブーイングが起きている。

「二階堂は12年公開の映画『ヒミズ』や13年公開の映画『脳男』などで見せた吹っ切れた特殊なキャラを演じるのは上手ですが、今回演じているどこにでもいそうな女子大生や、昨年放送されたドラマ『そして、誰もいなくなった』(日テレ系)で演じた結婚願望の強い一般的な女性といった“普通の女の子”を演じると、とたんに魅力は半減してしまいます。演技派と呼ばれている二階堂ですが、感情の振れ幅の狭い普通の女の子を演じるのは苦手なのかもしれません」(映画製作会社関係者)

 もともと女性からの人気が低い二階堂。「美女と野獣」のような異色ラブストーリーのヒロインを演じるのはハードルが高いことなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト