社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「“立ちくらみ”と“めまい”はどっちが危険?頭痛、吐き気、耳鳴り、痺れがあったら要注意」

 働き盛りの患者さんが「立ちくらみをした」と慌てて来院しました。どうやら緊張の中、長時間立ちっぱなしだっそうで「今までにこんなことはなかった」と心配顔です。「めまいもする」と顔色を悪くしていましたが、ここで問題です。「立ちくらみ」と「めまい」は、どちらが危険な症状でしょうか。

 立ちくらみとは、一瞬だけ脳に血が行かなくなる一過性の低血圧です。小学生が朝礼で倒れたり、お酒を飲んでの入浴後や生理中の女性が立ち上がった瞬間にフラッとなる、こうした症状が該当します。立った瞬間にクラッとするので「立ちくらみ」と呼ばれます。

 立ちくらみで崩れ落ちた時、頭が低くなりますが、この時に脳の血流が回復するのですぐに良化します。重病には結び付かない症状なので、ゆっくりと立てばすぐに治ります。

 立ちくらみを起こした時に「立っていた」「極度に緊張していた」「吐き気を催していた」「暑さや痛みを感じていた」との自覚があれば、心配することはありません。

 一方のめまいには「良性」「悪性」「仮性」の3種類があります。ちなみに立ちくらみとは「仮性めまい」に該当します。

 めまいは座りながら首を動かしただけでも症状が出ます。人間が立っていられるのは平衡感覚を保持する機能が内耳に備わっているからですが、この機能がおかしくなると、めまいを起こします。

 良性のめまいで思い出されるのが、2012年になでしこジャパンの澤穂希選手がアルガルベカップの最中に発症した「良性発作性頭位めまい症」です。

 これは、耳の中にある三半規管の機能が悪くなり、少ししか頭を回してないのにたくさん回したような信号が脳に届いてしまう症状です。

 良性だけに、普通は1週間から1カ月、長くても3カ月ほどで治りますが、半年以上続くと「メニエール病」と診断されます。めまいが一過性なら怖くないですが、頻繁に起こる場合、何かしらの病気を抱えている可能性もありますので、医師の診断を受けてください。

 怖いのは悪性めまいで、脳梗塞の前ぶれとして起こりうるだけに、命に関わるケースが存在します。いちばん怖いのは「聴神経腫瘍」と言って、三半規管近辺の神経にできる脳腫瘍の一種です。聴力の低下が初期症状で、顔面のしびれや筋肉の麻痺なども起こります。腫瘍ですので手術が必要ですが、こうした症状を伴う分だけ、立ちくらみよりもめまいのほうが危険だと言えます。

 悪性めまいというだけあって、めまいで怖いのは「他の症状がある」ケースです。頭痛、吐き気、耳鳴り、しびれなどを伴うと、脳に異常があるケースが多く、この場合は医師に診てもらわねばなりません。とりわけ怖いのが、先にお伝えした脳腫瘍です。

 また、めまいの症状には「動揺性」と「回転性」の2種類があります。「動揺性めまい」は船上で揺れている感覚のめまいです。長時間船に乗った時など、船を下りてもフラフラする「丘酔い」を感じますが、この種のめまいはさほど怖くありません。

 回転性とは、遊園地のティーカップを降りたあとにフラフラするようなめまいで、プロレス技のジャイアントスイングも回転性めまいの一種ですが、このめまいを感じると、他の病気を伴うこともあるため、要注意です。

 もっとも、めまいはいまだに原因不明であり、多くは命に関わらない「良性めまい」です。しかし前述のように頭痛、吐き気、耳鳴り、しびれを伴ったら危険信号です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
2
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
3
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
4
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
5
「おっさんずラブ」田中圭に心配される吉岡里帆“Eカップの誘惑”