政治

プーチンに「異常な兆候」が!言葉がなかなか出ないのは「小渕恵三と同じ」脳血管がヤバイ

 弁舌の巧みさでは世界屈指と言われるロシアのプーチン大統領が、最新動画で二度にわたり言葉に詰まるシーンがあったという。欧米の諜報関係者らはすでにそのシーンを分析。プーチン氏の健康問題に異変がないかなど情報集めに躍起だ。

 日本の公安関係者が語る。

「プーチンの言葉詰まりは、ウクライナ内務省関係者が6月18日のロシアでの記者会見の動画をツイッターに投稿したことから明らかになった」

 その動画では、ロシアの記者がプーチン氏にウクライナの反転攻勢の総司令官を務めるヴァレリー・ザルジニー総司令官の居場所を知っているのかと質問。そこでプーチン氏は「ザルジニーはどこにいる?」と隣座のスタッフに助言を求めているのだが、その際に何度も言葉を詰まらせ、どもったのだ。この「言葉詰まり」動画は瞬く間に、全世界に拡散された。

「確かに弁舌に長けるプーチンがどもるのは異例。そのため欧米の諜報機関などでは、3つの可能性を指摘している。1つはウクライナの反転攻勢で攻め込まれているため、司令官の話を聞かれて動揺したというもの。2つ目はザルジニーの名を聞くだけで怒りがこみあげた、3つ目が過大なストレスの影響です」

 医療関係者が言う。

「もちろん動画だけでは確かなことは言えませんが、見る限りでは異常なまでのストレスが心身を蝕んでいる可能性を疑います。ストレスが過ぎると脳梗塞が引き起こされる可能性さえある。脳の血管が詰まり、血液の巡りが悪くなることで体にマヒなどを引き起こす。その前兆症状として、言葉がうまく出てこない、体に力が入らない、足を引きずるなどの兆候が出ます」

 同じような症状は、2000年4月2日、首相在任中に倒れ、5月に亡くなった小渕恵三氏にも見られたという。

「倒れた原因は脳梗塞とされ、その前日の記者会見では10秒ほど言葉が出なくなり、兆候がすでに出ていたという見方もあります。一時的に脳に血流が流れなくなる症状で、今回のプーチンの『どもり』とも重なります」

 プーチンの健康問題はこれまでも色々と取り沙汰されてきたが、ストレスに晒され続けていることは間違いなく、一気に症状となって噴き出す可能性が十分にある。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」