芸能

“見せたがり”美バストアナ10人の妖艶対決!(3) “ポスト水卜ちゃん”の評価を受ける日テレ・尾崎里紗アナ

 さて、“見せたがりアナ”の新星を占う「新人賞」部門では、日テレが一歩リード。入社2年目の滝菜月アナ(23)は、新世代の“妖艶クイーン”との呼び声が高い。

「今年1月にBS日テレの『深層NEWS』のサブキャスターに、4月には『ズームイン!!サタデー』のニュース担当になるなど、報道路線に乗った期待の若手です。実際にニュース読みも落ち着いていて上手なのですが、『深層──』では短いスカートでの“三角ゾーンチラ見せ”を連発しています」(丸山氏)

 滝の1年先輩に当たる尾崎里紗アナ(24)は、博多弁が抜け切らない朴訥なキャラで人気だが、今年2月の米アカデミー賞の取材で一皮剥けたという。

「背中がまる見えの大胆なオフショルダーのドレスでレッドカーペットを取材したんです。背中や胸元があそこまで大胆にオンエアされたのは恐らく初。実は尾崎アナは入社後に肉づきがよくなり、ムチムチしたボディの肉感と色っぽさから、早くも“ポスト水卜ちゃん”と高い評価を得ています」(日テレ関係者)

 フリー女子アナの最大手事務所「セント・フォース」からは、伊東紗冶子(23)に期待がかかる。その名を一躍有名にしたのは、衝撃的なビキニ姿で表紙を飾った「週刊プレイボーイ」(2月27日号)。グラビアページでも、谷間の深い豊満なバストと引き締まったクビレ、スラリと伸びた脚線美を披露して、女子アナ界では「神ビキニ」と絶賛しきり。

「13年にミス近畿大学に選ばれ、そのあとのミスキャンパス全国大会でも準グランプリに輝いた逸材で、在学中から『日替わりセント・フォース』(BSスカパー!)などで活動。モデル体型にGカップはありそうな巨乳で、グラビア映えは抜群です。これまでは有名女子アナがグラビアに登場する、という流れでしたが、彼女のように、最初にグラビアで名を売ってキャスターになる、という逆転現象が起きているのが興味深いですね」(前出・丸山氏)

 女子アナの枠に収まらず、けしからんボディをバンバン発信し続けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール