芸能

“見せたがり”美バストアナ10人の妖艶対決!(3) “ポスト水卜ちゃん”の評価を受ける日テレ・尾崎里紗アナ

 さて、“見せたがりアナ”の新星を占う「新人賞」部門では、日テレが一歩リード。入社2年目の滝菜月アナ(23)は、新世代の“妖艶クイーン”との呼び声が高い。

「今年1月にBS日テレの『深層NEWS』のサブキャスターに、4月には『ズームイン!!サタデー』のニュース担当になるなど、報道路線に乗った期待の若手です。実際にニュース読みも落ち着いていて上手なのですが、『深層──』では短いスカートでの“三角ゾーンチラ見せ”を連発しています」(丸山氏)

 滝の1年先輩に当たる尾崎里紗アナ(24)は、博多弁が抜け切らない朴訥なキャラで人気だが、今年2月の米アカデミー賞の取材で一皮剥けたという。

「背中がまる見えの大胆なオフショルダーのドレスでレッドカーペットを取材したんです。背中や胸元があそこまで大胆にオンエアされたのは恐らく初。実は尾崎アナは入社後に肉づきがよくなり、ムチムチしたボディの肉感と色っぽさから、早くも“ポスト水卜ちゃん”と高い評価を得ています」(日テレ関係者)

 フリー女子アナの最大手事務所「セント・フォース」からは、伊東紗冶子(23)に期待がかかる。その名を一躍有名にしたのは、衝撃的なビキニ姿で表紙を飾った「週刊プレイボーイ」(2月27日号)。グラビアページでも、谷間の深い豊満なバストと引き締まったクビレ、スラリと伸びた脚線美を披露して、女子アナ界では「神ビキニ」と絶賛しきり。

「13年にミス近畿大学に選ばれ、そのあとのミスキャンパス全国大会でも準グランプリに輝いた逸材で、在学中から『日替わりセント・フォース』(BSスカパー!)などで活動。モデル体型にGカップはありそうな巨乳で、グラビア映えは抜群です。これまでは有名女子アナがグラビアに登場する、という流れでしたが、彼女のように、最初にグラビアで名を売ってキャスターになる、という逆転現象が起きているのが興味深いですね」(前出・丸山氏)

 女子アナの枠に収まらず、けしからんボディをバンバン発信し続けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
沢尻エリカ、まさかのドラマ登場で「池田エライザとのバスト対決」が話題に
4
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
5
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!