芸能

“見せたがり”美バストアナ10人の妖艶対決!(3) “ポスト水卜ちゃん”の評価を受ける日テレ・尾崎里紗アナ

 さて、“見せたがりアナ”の新星を占う「新人賞」部門では、日テレが一歩リード。入社2年目の滝菜月アナ(23)は、新世代の“妖艶クイーン”との呼び声が高い。

「今年1月にBS日テレの『深層NEWS』のサブキャスターに、4月には『ズームイン!!サタデー』のニュース担当になるなど、報道路線に乗った期待の若手です。実際にニュース読みも落ち着いていて上手なのですが、『深層──』では短いスカートでの“三角ゾーンチラ見せ”を連発しています」(丸山氏)

 滝の1年先輩に当たる尾崎里紗アナ(24)は、博多弁が抜け切らない朴訥なキャラで人気だが、今年2月の米アカデミー賞の取材で一皮剥けたという。

「背中がまる見えの大胆なオフショルダーのドレスでレッドカーペットを取材したんです。背中や胸元があそこまで大胆にオンエアされたのは恐らく初。実は尾崎アナは入社後に肉づきがよくなり、ムチムチしたボディの肉感と色っぽさから、早くも“ポスト水卜ちゃん”と高い評価を得ています」(日テレ関係者)

 フリー女子アナの最大手事務所「セント・フォース」からは、伊東紗冶子(23)に期待がかかる。その名を一躍有名にしたのは、衝撃的なビキニ姿で表紙を飾った「週刊プレイボーイ」(2月27日号)。グラビアページでも、谷間の深い豊満なバストと引き締まったクビレ、スラリと伸びた脚線美を披露して、女子アナ界では「神ビキニ」と絶賛しきり。

「13年にミス近畿大学に選ばれ、そのあとのミスキャンパス全国大会でも準グランプリに輝いた逸材で、在学中から『日替わりセント・フォース』(BSスカパー!)などで活動。モデル体型にGカップはありそうな巨乳で、グラビア映えは抜群です。これまでは有名女子アナがグラビアに登場する、という流れでしたが、彼女のように、最初にグラビアで名を売ってキャスターになる、という逆転現象が起きているのが興味深いですね」(前出・丸山氏)

 女子アナの枠に収まらず、けしからんボディをバンバン発信し続けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
体型コンディションも最高! 橋本環奈「成人の振袖姿」が可愛さの限界突破
2
2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」
3
まさかの自粛モード?「水曜日のダウンタウン」がつまらなかった説!
4
フリー転身後の争奪戦が本格化?桑子真帆の「Fカップ」が今も進化中!
5
北川景子に大忖度?「ZIP!」、「家売るオンナ」番宣が“ヤリすぎ”か