芸能

“見せたがり”美バストアナ10人の妖艶対決!(3) “ポスト水卜ちゃん”の評価を受ける日テレ・尾崎里紗アナ

 さて、“見せたがりアナ”の新星を占う「新人賞」部門では、日テレが一歩リード。入社2年目の滝菜月アナ(23)は、新世代の“妖艶クイーン”との呼び声が高い。

「今年1月にBS日テレの『深層NEWS』のサブキャスターに、4月には『ズームイン!!サタデー』のニュース担当になるなど、報道路線に乗った期待の若手です。実際にニュース読みも落ち着いていて上手なのですが、『深層──』では短いスカートでの“三角ゾーンチラ見せ”を連発しています」(丸山氏)

 滝の1年先輩に当たる尾崎里紗アナ(24)は、博多弁が抜け切らない朴訥なキャラで人気だが、今年2月の米アカデミー賞の取材で一皮剥けたという。

「背中がまる見えの大胆なオフショルダーのドレスでレッドカーペットを取材したんです。背中や胸元があそこまで大胆にオンエアされたのは恐らく初。実は尾崎アナは入社後に肉づきがよくなり、ムチムチしたボディの肉感と色っぽさから、早くも“ポスト水卜ちゃん”と高い評価を得ています」(日テレ関係者)

 フリー女子アナの最大手事務所「セント・フォース」からは、伊東紗冶子(23)に期待がかかる。その名を一躍有名にしたのは、衝撃的なビキニ姿で表紙を飾った「週刊プレイボーイ」(2月27日号)。グラビアページでも、谷間の深い豊満なバストと引き締まったクビレ、スラリと伸びた脚線美を披露して、女子アナ界では「神ビキニ」と絶賛しきり。

「13年にミス近畿大学に選ばれ、そのあとのミスキャンパス全国大会でも準グランプリに輝いた逸材で、在学中から『日替わりセント・フォース』(BSスカパー!)などで活動。モデル体型にGカップはありそうな巨乳で、グラビア映えは抜群です。これまでは有名女子アナがグラビアに登場する、という流れでしたが、彼女のように、最初にグラビアで名を売ってキャスターになる、という逆転現象が起きているのが興味深いですね」(前出・丸山氏)

 女子アナの枠に収まらず、けしからんボディをバンバン発信し続けてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス