芸能

80代からが人生の黄金期だ「キダ・タロー」(2)昔は1日7曲作ったことも…

 本当の天才、モーツァルトやベートーベンが自分の作った曲に対してどんな気持ちを思っとったんか知りたい。これ完璧やと思ってはんのか、ああこれ、あかなんだ、と思ってはんのか。性格的に楽観的な人とか傲慢な人とかで、満足されている人は周りにもおりますけどね。

 せやけど、よう聞いてみたらビビッてますわ。円広志にね、「アンタ自分の作った曲、満足してるか?」と聞いたら「ハイ」と言うんです。だったら「同じ詞に、アンタよりすばらしいアイデアでアンタよりもええ曲を誰かが書くかもしれんという危機感はないの?」と問うと、「あります」と言う。やっぱりあるんです。それを抑えとるだけで‥‥。

 もし俺が書いたこの詞で、俺よりももっとええ曲書く人がおるかもわからんという恐怖が常にある。せやからベターではない。締め切りに間に合わせて書いてるから。でもね、絶対に締め切りに間に合わせます。「できませんでした」は絶対ありません。曲が沸いてきませんけど、それでも書く。降ってきて書くというのはアマチュアですわ。錯覚しとるだけの話で。降るワケがないでしょ(笑)。

──

 キャバレーのショーで演奏していた当時は、無数の曲を書いては破棄してきた。さらに著作権の関係で放送局が音楽を容易に流せなくなった際にはバックグラウンドで流すBGMの依頼も舞い込んだ。「どうでもええから数を作ってくれ」という要望で1日40曲。10日間で400曲を作曲した。

──

 今はもう非常に少ないですね。昔は1日に7曲作ったこともありますし。今、そんなんやったら死にますけどね(笑)。今やったら何カ月に1曲とか、そんな感じです。

 机の前に座って曲を作る時とピアノの前で作る時と両方あるんですよ。ある程度まとまった歌謡曲みたいな時はピアノのほう。

 一発のイメージで決めるのはCMに多いですね。そういう場合はピアノが邪魔になるんで机で作るんです。ピアノで作るのは何でかと言いますと、詞がありますね。それに曲をつける。ある程度のストーリーのある詞に限りますが、ピアノに座って書かれた詞の世界に入るためにその詞を見ながらバックグラウンドのピアノを弾くんです。詞の雰囲気の曲をムダ弾きしているワケですね。

 それを長いことやってると詞の中に入っていけるような、あるいは詞からこっちに来てくれるような時間があるんです。詞とまずはお友達になる。詩人の書いた情景とか理念とか、向こうの波長に合うように伴奏をむちゃむちゃ弾いてるとだんだんとまとまる。大ざっぱにいえば、そんなやり方です。

キダ・タロー:1930年、宝塚市生まれ。作曲家としてこれまで数多くのテレビ番組やCMソングなどを手がける。代表作に、NHK「古寺巡礼」「生活笑百科」など、作曲した作品は3000を超える。また「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)の最高顧問としてもテレビ出演中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕