社会

「長寿世界一」は渦中の香港!理由はその「生活習慣」だった

「逃亡犯条例」改正案を巡り抗議活動が過熱し、警察当局との対立が深刻化している香港。

 この香港、実は長寿世界一だという。厚生労働省によると2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳で男性が81.25歳。それぞれ、世界第2位、第3位で日本も立派な長寿国なのだが、国際比較すると、香港は男女ともに世界一だ(2017年の統計で女性が87.66歳、男性が81.70歳)。

 香港と言えば100万ドルの夜景が有名。狭い土地に700万人が暮らす高層ビルが林立する都市。一般的には健康とかけ離れたイメージがあり、長寿世界一は意外な感じを持った人は多いかもしれない。しかし、長年旅行業務に携わり年間数十回は香港に行っている島村隆司氏は言う。

「香港はビルばかりのイメージがありますが、意外に公園や緑地が多い。また山や海に囲まれて自然も豊か。その自然のなかで老人たちは早朝、太極拳などの運動で一汗流す。そしてその後仲間と飲茶を楽しむんです。その楽しみはお茶や点心だけでなく、“おしゃべり”。とにかく大きな声でよくしゃべる。日本のように老人が1人で食事をするということは少ないです」

 香港の老人には「適度な運動」と「コミュニケーション」「ストレス発散」があるのだ。

「健康で長寿の秘訣は“きょういく”と“きょうよう”と“きょうかい”が必要だと言われている。つまり、今日行くところがある。今日の用事がある。今日も会話がある。つまり生きる日々の気持ちに目的、張りがあるということです。香港の老人を見ていると、そう思います」(島村氏)

 そしてさらに香港の健康長寿の元になっているのが“医食同源”に基づく“食”なのだという。

 18年に「元氣食堂おいしい長寿食」(プレジデント社)を著した中医学の楊さちこ博士は、香港の長寿世界一は、なるべくしてなったと、その著書で語っている。

〈香港人の健康長寿の三大ポイントは3つある。ひとつはいつもゆるゆる、温かいからだ。2番目がきちんと食べて消化・吸収、そして排出。そして季節に沿った体調管理。この3つを毎日の食事で実践しているから〉

 その食事というのがこうなのだ。【1】物全体を丸ごと、皮などもそのまま食べる。【2】消化しやすいもの【3】栄養補給しやすいもの【4】水分補給しやすいもの【5】老廃物をきちんと排出できるもの【6】季節に沿ったもの【7】温かいものを食べること。

〈そのため、香港人は毎日スープを飲むのです。ちょっとした不調は食べもので整えて、薬は本当の病気になってから。それが中医学の考え方〉(楊氏)

 健康で長寿は誰しもが願うこと。香港人の生き方をならってみるのも良さそうだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”