芸能

フジテレビの73歳新社長がドラマをシニア向けに路線変更か?

 昭和のスターが大挙して出演するドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)が好調だ。82歳の脚本家・倉本聰が自ら持ち込んだ企画で、シニア向けドラマの開拓に成功したと注目を浴びている。そんなヒット作を横目に、悔やんでも悔やみきれないのがフジテレビだという。

「そもそも倉本氏はこの企画を旧知のフジに持っていったにも関わらず、ほとんど検討もされずにあっさりと却下されています。当時はトレンディドラマで名を馳せた亀山千広社長がドラマの旗振り役を務めており、若者向けでない企画には目もくれなかったのでしょう。しかし亀山体制下で月9すら爆死するなどフジのドラマはもはや崩壊状態。07年の『拝啓、父上様』や08年の『風のガーデン』といった倉本ドラマを担当した制作陣は、この現状に頭を抱えているはずです」(テレビ誌ライター)

 そのフジテレビでは6月にも亀山氏が社長を退任し、後任の社長には現・BSフジの宮内正喜社長が就任する予定。世間では60歳から73歳へのバトンタッチが話題になっているが、この交代劇にはドラマ制作陣から歓迎の声があがっているようだ。

「亀山体制では『他局でヒットした企画をウチでも』という空気が支配的で、自分たちで新しい時代を切り開こうなんて気概はなかった。それが宮内新体制に変わることで、ドラマ部門でも新たな空気を感じているようです。倉本氏の『やすらぎの郷』に関しても、シニア世代の宮内氏がトップだったら門前払いしなかったとの声もあり、今後は亀山体制で無視されていたシニア向けドラマにも打って出る可能性が高そうです」(前出・テレビ誌ライター)

 果たしてフジテレビは生まれ変われるのか。新社長の手腕とドラマの再生に注目が集まるところだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!