芸能

フジテレビの73歳新社長がドラマをシニア向けに路線変更か?

 昭和のスターが大挙して出演するドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)が好調だ。82歳の脚本家・倉本聰が自ら持ち込んだ企画で、シニア向けドラマの開拓に成功したと注目を浴びている。そんなヒット作を横目に、悔やんでも悔やみきれないのがフジテレビだという。

「そもそも倉本氏はこの企画を旧知のフジに持っていったにも関わらず、ほとんど検討もされずにあっさりと却下されています。当時はトレンディドラマで名を馳せた亀山千広社長がドラマの旗振り役を務めており、若者向けでない企画には目もくれなかったのでしょう。しかし亀山体制下で月9すら爆死するなどフジのドラマはもはや崩壊状態。07年の『拝啓、父上様』や08年の『風のガーデン』といった倉本ドラマを担当した制作陣は、この現状に頭を抱えているはずです」(テレビ誌ライター)

 そのフジテレビでは6月にも亀山氏が社長を退任し、後任の社長には現・BSフジの宮内正喜社長が就任する予定。世間では60歳から73歳へのバトンタッチが話題になっているが、この交代劇にはドラマ制作陣から歓迎の声があがっているようだ。

「亀山体制では『他局でヒットした企画をウチでも』という空気が支配的で、自分たちで新しい時代を切り開こうなんて気概はなかった。それが宮内新体制に変わることで、ドラマ部門でも新たな空気を感じているようです。倉本氏の『やすらぎの郷』に関しても、シニア世代の宮内氏がトップだったら門前払いしなかったとの声もあり、今後は亀山体制で無視されていたシニア向けドラマにも打って出る可能性が高そうです」(前出・テレビ誌ライター)

 果たしてフジテレビは生まれ変われるのか。新社長の手腕とドラマの再生に注目が集まるところだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!