芸能

グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(2)<30代の「豊穣」篇>長澤まさみは“美ワキ”で攻める

 今の女優シーンを眺めると、質・量ともに空前の活況を呈すのが「三十路」の世代。あの超大物も仲間入りして、さらに熾烈なバトルが始まる。

 6月3日に30歳の誕生日を迎えたのが長澤まさみである。10代から映画・ドラマで活躍してきたが、三十路を間近にした頃から急激に変化した。

「今年の『アンダーアーマー』のCMでも、引き締まったボディを舐めるように接写しています。最近、特に多いのが豊満な乳房からワキにかけてのショット。久松郁実が“美ワキクイーン”と呼ばれていますが、長澤のほうが完成度は高い」(織田氏)

 オンエア中の異色のCM「キンチョー虫コナーズ」でも、何度も右手を上げて美ワキがあらわになる。よほど自信があるようだが、長澤の自慢パーツはそこにとどまらない。

「映画賞の会場にはシースルーの服でバストラインをくっきり見せつけたり、ミュージカル『キャバレー』ではナマ脚を全開にしたり、ムダなパーツが1つもありません」(映画ライター)

 長澤が人前に出るたびに騒然となるのは、桁違いの魔性ゆえだろう。

 ただし、そんな長澤を抑えてトップに輝いたのは深田恭子(34)である。3000人アンケートの投票率44%は、全世代を見渡してもブッチギリとなる。昨年は立て続けに写真集を出して男たちを楽しませたが、今年は「エビス 華みやび」のCMが要チェック。

「確信犯的な映像です。まずソファに座る場面では、ビールとグラスを持っているから両手が使えず、自然と胸をフリフリさせるような形になる。それからビールを飲んでリラックスして、薄手のブルーのニットの胸元が超のつく無防備さ。バストの突起も発見できました!」(前出・織田氏)

 深キョンの魅力は、常にフワッとした「無防備さ」にある。あるいは四十路を迎えても、その“聖域”は守られるのではないか‥‥。

 近年、この2人と常にトップ争いを繰り広げるのが石原さとみ(30)だ。映画やドラマでは形のいいバストラインが注目されるが、CMでは「もうひとつの魅力」にノックアウトされる。

「青のキャミソール姿がかわいい『トヨタ プリウス』のCMは、男女問わず『世の中に石原さとみより美しいものが存在するのか?』と大絶賛されました。カーナビを指さして『ほら、おっきくないですか?』とつぶやかれたら、あのポッテリ唇はもちろんのこと、指先までがエロティックに光っていました」(前出・織田氏)

 このCMは、さらに石原の魅力を追い続ける。後ろ向きになるとキャミの肩の部分がシースルーになっており、ここで石原が振り返って「見てます?」と絶妙なタイミングで射抜くのだ。

 ああ、石原さとみと同じ時代に生まれてきてよかった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道