芸能

ビートたけしの金言集「役者で俺を使うのはやりにくいはずだろ」

「今年は役者付いてるな」

 映画「MOZU」(東宝)、ドラマ「赤めだか」(TBS系)に役者として参加された殿は、つい先日、その年の仕事を振り返るようにこう漏らされていました。

 ちなみに、映画「MOZU」にて、悪のボス「だるま」を演じた殿は、公開初日の舞台挨拶の中で、集まったマスコミを前に、何の脈絡もなく思いっきりコマネチを披露されていたのですが、このことについて「殿、あんなことしたら、熱心なファンから、『MOZUのイメージが崩れるのでやめてください』なんて、苦情が来るかもですよ」と、冷やかしがてら話を振ると、

「バカ野郎! 俺は陽気なだるまだ!」

 と、はっきりと開き直っていました。

 しかし陽気なだるまっての、何かめでたくていいですね! まー殿のだるまに関するおかしな解釈はさておき、役者・ビートたけしについて話を進めます。

 常々、殿が言われる言葉に、「映画は監督のもの。だから役者で呼ばれた現場では、ただ黙って言われたとおりにやるだけ」といったものがあります。また、「よくいるだろ。役者で『ここ、こうしませんか?』なんて監督に言ってくるずうずうしいやつ。あーいうのは大っ嫌いだね」とも。さらには、「俺が監督やってんのみんな知ってんだから、役者で俺を使うのはやりにくいはずだろ」と──。

 確かに「世界の北野」と言われ、ヨーロッパの老舗映画祭の常連であり、幾度も受賞経験のある映画監督を、役者として呼ぶのは、普通の監督ならどこかやりづらいはずです。

 そこでもし、絶対にありませんが、殿が「ここはこうしようか」などと提案したら、きっと現場は混乱することでしょう。当たり前ですが、ひと現場に監督は1人で十分ですから。気配りの化け物である殿は、その辺のことも踏まえた上で役者稼業をこなしています。で、殿が役者について話す時、わりとよく聞く2つの話を最後に──。

「昔銀座で飲んでたら、ベロベロに酔った役者の○○がいてよ。俺んとこ来て、『たけしさんの映画はいいですけど、1つだけ気にいらない点があります』なんて言うんだよ。『どこがダメですか?』って聞いたら、『たけしさんの映画には本物の役者が出てません』なんて偉そうなこと言うから、『じゃー本物の役者って誰ですか?』って聞いたら、『目の前にいるじゃないですか!』だってよ。バカバカしくて俺はコケたよ」

「昔××さんと共演した時よ、××さんが包丁で俺を脅すシーンがあったんだよ。そしたら××さん、興奮しちゃって、リハからぐいぐい包丁を俺の腰に当ててくるんだよ。脅すだけで当てなくていいシーンなのによ。一応ドラマ用の包丁だから安全なんだけど痛いんだよ。だからそれやめてくれませんかって言ったら、本番でさらに強くグリグリ当てて来たからな。参ったよ」

 監督としてもそうですが、役者としても、殿はいつだって冷静なようです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白