芸能

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(2)ハセキョー参戦でさらに…

 この真木の先輩モデルとなるのが、雑誌のカバーガールを務めるセレブ妻役の吉瀬である。

「昨年10月に2人目の子供を出産したばかりですが、現在NHKで放送中のドラマ『ブランケット・キャッツ』で、白衣姿の獣医師に扮して女優復帰を果たしています。モデル出身の吉瀬ですが、今回のドラマでは、看板モデルとして真木を上回る肌出しを毎回見せつけることになりそうです」(芸能デスク)

 まさに2人は好対照の役柄になるというが、

「初共演ということもありますが、撮影序盤はスレ違いが多く、撮影の合間に控え室などで2人が談笑するのは見たことがありません。しかも、撮影が終わると2人ともお互いを避けるようにすぐに楽屋に引っ込んでしまいます。もちろん役作りの一環だと思いますが、ライバルモデルを演じているだけに、2人は意識的に距離を置いているようでした」(ドラマスタッフ)

 ドラマの内容と同様に、現場ではドロドロした“前哨戦”が始まっているという。ドラマスタッフが続ける。

「真木さんも吉瀬さんも男っぽい性格なので、もともと差し入れなどには無頓着。『差し入れに気を遣うより、仕事(演技)に集中したい』という女優としてのポリシーがあるようです。ところが、その吉瀬さんから、今回は差し入れがあったんです。中身は、どこにでも売っているようなお菓子の詰め合わせでしたが、恐らく現場の雰囲気を和ませようと、マネージャーが用意したものだと思います。これに刺激を受けたのか、座長を務める真木さんからも、対抗するかのように洋菓子の差し入れがありました」

 こうした小競り合いが、本格バトルに発展しないことを祈るばかりだが‥‥。

「真木さんはあまりノリ気でない仕事の場合には、セリフをわざと棒読みにしたり、ヤル気ゼロをアピールすることが多いのですが、今回は雰囲気がまったく違います。ジムに通ってきっちりボディを仕上げてきたようで、肌のツヤ、乳と腰回りのメリハリを見るに、仕上がりは万全の様子です」(前出・ドラマスタッフ)

 さらに、ここに3人目のモデル・長谷川京子が加わるのだ。

「長谷川は、元専属モデル役として、途中からこの2人の間に割って入り、女の戦いをさらに激化させることになります。長谷川も私生活では2児の母ですが、モデル出身だけに肌の露出に関してはまったく躊躇がありません。ドラマ後半は3人の肌見せ合戦がエスカレートすることになりそうです」(前出・芸能デスク)

 ここに熟女三つどもえの戦いの火蓋が切られるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」