エンタメ

藤井聡太四段に群がる成り金狂騒曲(3)CMや対局観戦イベントも…

 藤井が絡めばモノが売れる。となれば、いの一番に手を伸ばしそうなのが“CM業界”だが‥‥。広告代理店関係者が打ち明ける。

「将棋界では慣例的に、新人は将棋の研究を最優先にすべきとの考えから、CM出演などは積極的に斡旋してこなかったそうです。ですが、一連の藤井ブームはそんな“定跡”を覆すほどの規模。実際に、いくつかの企業がオファーを検討しているようです」

 経済学者で関西大学名誉教授の宮本勝浩氏は、藤井に今以上に世間の耳目が集まることに期待を寄せる。現時点でも話題性は十分だが、“経済効果”としてはまだ発展途上としたうえで、こう話すのだ。

「例えば、同じ10代のスター、早実の清宮幸太郎君(18)の場合、彼の地方の試合を見るために20万~30万人の高校野球ファンが移動し、現地にお金を落とします。その経済効果は10億~20億円はある。ゴルフの石川遼(25)だって、デビュー初年度にCMが11本ありました。藤井四段も、対局中に食べているチョコレートとか清涼飲料水のCMに出れば、1000万や2000万は出演料が支払われるでしょう。対局をオーロラビジョンで観戦するイベントを催して、入場料を取ってもいい」

 日本将棋連盟が金銭的に潤えば、将棋界全体の向上、発展につながるはずだ、と宮本氏は断言する。

「棋士の平均年収は700万~800万円程度。野球やゴルフに比べて、同じように真剣勝負をする人間として、あまりにも報酬が低いと思うのです。藤井ブームは、そんな状況を打破できる明らかなチャンス。今は小さくても、将来的に数億円規模での経済効果が期待できます。将棋連盟としては大事に育てることも必須ですが、世間にもっと藤井四段をプッシュするべきです」

 将棋界の未来を背負う14歳。そのあまりに大きな重責に潰されてしまわないかと心配になるが、松本氏は藤井の持つポテンシャルに太鼓判を押す。

「あの羽生さんに対してすら、新人時代には『大したことはない』と豪語するようなベテラン棋士や関係者がいましたが、藤井四段には皆無です。トップクラスになるのは時間の問題で、逆に『なれない』と思っている人はいない。間違いなく、棋士の最高峰である“名人”の候補だと思います」

 盤外の狂騒曲に惑わされることなく、「最年少名人」まで最善の手を指し続けられるか──。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
2
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
3
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
4
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”