芸能

「本名、船越バイアグラ」!?船越英一郎のウィキペディアがバイアグラまみれの惨状

 ワイドショー、週刊誌を騒がせている、俳優の船越英一郎とタレントの松居一代夫婦の離婚調停。船越側は弁護士によるコメントこそあるものの、本人の弁はなし。一方、松居側は本人がYouTubeやブログを駆使して思いの丈を告白。誹謗中傷を織り交ぜ、全面対決も辞さない勢いだ。

「船越側は弁護士を介して離婚の意思表示をしていますが、松居は激怒しているものの、離婚したいのかしたくないのか、結局どうしたいのかがわかりません。これまでにもお金に関しての興味を隠さず披露してきた松居ですから、このままでは船越を責め立てて自分が被害者だという構図を作り、多額の慰謝料を要求しようとしていると思われてしまいます」(芸能ライター)

 何とも泥沼の様相を呈しているが、この騒動が思わぬところにも飛び火しているという。なんと船越英一郎のウィキペディアが「バイアグラ」の文字であふれかえっているというのだ。

「名前が『バイアグラ100ml男(ばいあぐらー)』とされているほか、プロフィールには『日本のバイアグラ俳優』『バイアグラをしこたま使うTVタレント』『本名、船越バイアグラ。バイアグラプロ所属』『妻は女優の松居“バイアグラ”一代』など。経歴でも過去の出演作のタイトルにバイアグラがちりばめられているほか、“2時間ドラマの帝王”という異名にも『“バイアグラの帝王”や“ミスターバイアグラ”などの異名を持つ』など、とにかくバイアグラだらけ。7月6日の18時現在、そんな状態ですが、いずれ修正されるでしょう」(週刊誌記者)

 汚く船越を罵る松居も、ウィキペディアに稚拙な文言を書き込んだ人間も、もう少し冷静になるべきではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤綾子、「二宮と結婚間近はウソ」を証明する“芸能界の新たな動き”!
2
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
3
男女交際の温床だった!?山口達也「Rの法則」終了危機でアイドルファン歓喜
4
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
5
高橋真麻、最新水着ショットの胸サイズがついに「G」から「H」に!?