芸能

ナイツ塙にテレビ番組でバラされた「小銭入れに貼り付けているアレ」/40年経っても売れない浅草芸人の「破天荒交遊録」(7)

 また後輩の話になるけど、本格派漫才として「笑点」なんかにもちょくちょく出演しているロケット団ね。この前の漫才協会の総会では、その三浦ちゃんが協会副会長に、倉本ちゃんが理事になってて、とっくにオイラは追い抜かれてるんだけど、彼らもありがたい後輩だよね。

 東洋館の舞台では、よくオイラをネタにイジってくれるの。三浦ちゃんが、

「先輩ながら、なべさんほど空気は読めない、ネタはつまらない、下ネタは下品な、尊敬したくてもできない人物はいない」

 なんてやりだすでしょ。そうするとオイラ、ソデから舞台に顔出して、

「バカなこと言ってんじゃねーよ!」

 と抗議する。それでお客がドッとウケてくれる。

 バカにされてハラが立たないかって? とんでもない。嬉しいよ。イジってくれるだけで。

 たださ、いつオイラのネタを出してくれるかわかんないから、ロケット団のネタ中はずっと、ソデでスタンバってるの。あれがシンドいかな。結局、オイラのネタが出ないまま終わっちゃう日もあるし。

 ナイツも何かっていうと、オイラのことをイジってくれる。60過ぎてもオイラ、けっこうアッチの方が元気で、小銭入れの裏にバイアグラ貼り付けて持ち歩いてたりするわけ。それを知ってた塙ちゃんが、オイラを呼んでくれたテレビ番組の収録でバラしたの。

「なべさんはスゴいですよ。この年になってもバイアグラ持ち歩いてるんですから」

 テレビでイジってもらった、って喜んじゃったね。ところがオンエアを見たら、そこのところが完全にカットされてた。いいオッサンがバイアグラ使ってるって、ウケるよりも引かれるだろう、って局の人が判断したんだろうな。

 後輩がフォローしてくれても、なかな結果を出せないのよ。

なべかずお:1957年(昭和32年)、北海道滝川市の生活保護家庭で生まれる。レンガ職人、とび職人など様々な仕事を経て1984年、浅草フランス座でお笑い芸人の修業を開始。その後、羽生愁平と漫才コンビ「ビックボーイズ」を結成し、現在に至る。2006年には「真打」昇進。2008年にラップCD「たまらんぜ」をリリースし、2023年には自伝本「たまらんぜ!芸人人生七転び八転び」(山中企画)を出版。漫才協会には30年以上も在籍しているが、後輩はどんどん理事になり、ついには約10年後輩のナイツ塙宣之が会長になったのに、自身は一度も理事にもなったことがなく、「永遠のヒラ会員」と呼ばれる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え