芸能

満島ひかり 主演映画「海辺の生と死」でみせた妖艶姿(3)命がけの恋をはかなんで…

 こうした満島の演技を秋本氏は、「いい意味で常識ハズレ」と絶賛。

「知名度もあるし、今年はドラマ『カルテット』(TBS系)で好演し、資生堂や東芝などの大手とCM契約中です。例えば、同世代で同じような活躍をしている長澤まさみは、舞台では際どいシーンを見せているものの、がんじがらめの状況で完脱ぎする可能性はゼロに等しい。でも、それが最近の芸能界の常識なんです。まさに彼女は、その意味でも常識ハズレなのでしょう」

 しかし、彼女が“規格外”なのは今に始まったことではない。アイドルから女優に転身したばかりの09年からすでに兆候はあった。

「彼女がその名を知らしめたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』(ファントム・フィルム)ですが、純白の生パンティを大開脚で惜しげもなく見せたり、安藤サクラと濃厚なキスや愛撫を見せたり、あげく、過激なオナニーも披露しました」(映画関係者)

 問題のシーンでは、ベッド上で恋の相手を思い出し、大股を開くと、クリトリスや膣の影が浮き出るのかと錯覚するほど、自身のアソコをグイグイと指で刺激し、恍惚の表情を浮かべる‥‥さながらAV顔負けのそんなシーンは、ほんの数秒間ながら強烈なインパクトを残した。

「同作で各映画新人賞を総なめにすると、映画『カケラ』(ピクチャーズデプト)では、役作りのために地ワキ毛を生やし、黒々としたそれを見せつけながら濡れ場を演じたりと、とにかく一切の妥協をしません」(前出・映画関係者)

 今や数少ない“ハマる”体当たり女優と言えよう。

「それはプライベートでも同じでした。10代~20代前半まで、彼女はとても自由奔放で恋多き女性として、周囲の男たちを魅了してきました。ですが、さる映画監督に出会い、交際を始めたら一変。彼一筋に、どっぷり“ハマって”しまいました。その監督はいいかげんなヤツでして、いくら満島が更生しようとしても、のれんに腕押し。結局、見切りをつけた満島は彼を捨てたんですがね」(前出・映画関係者)

 男は満島にフラれ「映画作りに支障を来すほど」だったという。そんな傷心の元カレなどおかまいなしに、すぐに石井裕也監督と結婚し、離婚。そして永山との交際。このフットワークの軽さは「女優としての肥やしになっている」と、前出の秋本氏は分析する。

「本作も、プライベートを糧に“映画で勝負したい”という意気込みが伝わってきます。男前です、見直しました」

 同世代女優たちから一歩も、二歩も抜きん出た満島は、次は何を魅せてくれるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」