芸能

短期留学の滞在先家族もベタ惚れ! 小島瑠璃子、中学時代から放っていた「魔性」

 やはりその小悪魔ぶりは芸能界に入る前から?

 7月14日に放送されたバラエティ番組「アナザースカイ」(日本テレビ系)に小島瑠璃子が出演。中学2年生の時、交換留学生として訪れた米アラバマ州の街を10年ぶりに再訪している。

 その中で当時のホストファミリーの家を訪ねており、そのホストファミリーの長男・スコットさんが小島が初恋の人だったことを明かしている。

 何でも、小島が当時滞在していたのはわずか2週間ほどだったが、再会したスコットさんからは「僕の人生は君に会う前と会う後で分けられる」と伝えられたとのこと。また、スコットさんは小島が10年前にプレゼントしたポッキーを大事に保管していたりと、かなり小島に惚れていたようだ。

 美人な上に性格も明るい小島だけにスコットさんがそれだけ夢中になってしまうのも仕方ないように感じるが、ネット上からは「また思わせぶりな態度を取っていたのでは?」という指摘も。

「水着のヒモをズラして、日焼け具合をアピールした写真をインスタグラムに投稿したりとドキッとする行動を自然ととれてしまうのが小島です。5日放送のバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも、ゲストのサンシャイン池崎、スピードワゴン・井戸田潤、JOYの3人とも『小島は自分のことが好きなはず』と語ってしまうほど思わせぶりな態度をとっていたことが明らかになりました」(エンタメ誌ライター)

 今回もスコットさんと10年ぶりに再会した瞬間もあいさつ代わりの熱い抱擁をして、スコットさんの顔、胸板の辺りを自然にタッチ。それが海外では当たり前のスキンシップというのはわかるのだが、小島はそれを当然のようにできていたため、視聴者からは「そりゃ男は勘違いするわ」「スコットさんもさらに小島が好きになっただろうな」「この子、どうしてもあざとく感じるな」と、今回の行動も小悪魔女子ならではの行動と判断されてしまったようだ。

 昨年の番組出演本数も413本と女性タレント部門では堂々2位の人気者ということもあって、やはりこういった厳しい意見が上がってくるのも仕方のないことか。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
3
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”