芸能

短期留学の滞在先家族もベタ惚れ! 小島瑠璃子、中学時代から放っていた「魔性」

 やはりその小悪魔ぶりは芸能界に入る前から?

 7月14日に放送されたバラエティ番組「アナザースカイ」(日本テレビ系)に小島瑠璃子が出演。中学2年生の時、交換留学生として訪れた米アラバマ州の街を10年ぶりに再訪している。

 その中で当時のホストファミリーの家を訪ねており、そのホストファミリーの長男・スコットさんが小島が初恋の人だったことを明かしている。

 何でも、小島が当時滞在していたのはわずか2週間ほどだったが、再会したスコットさんからは「僕の人生は君に会う前と会う後で分けられる」と伝えられたとのこと。また、スコットさんは小島が10年前にプレゼントしたポッキーを大事に保管していたりと、かなり小島に惚れていたようだ。

 美人な上に性格も明るい小島だけにスコットさんがそれだけ夢中になってしまうのも仕方ないように感じるが、ネット上からは「また思わせぶりな態度を取っていたのでは?」という指摘も。

「水着のヒモをズラして、日焼け具合をアピールした写真をインスタグラムに投稿したりとドキッとする行動を自然ととれてしまうのが小島です。5日放送のバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも、ゲストのサンシャイン池崎、スピードワゴン・井戸田潤、JOYの3人とも『小島は自分のことが好きなはず』と語ってしまうほど思わせぶりな態度をとっていたことが明らかになりました」(エンタメ誌ライター)

 今回もスコットさんと10年ぶりに再会した瞬間もあいさつ代わりの熱い抱擁をして、スコットさんの顔、胸板の辺りを自然にタッチ。それが海外では当たり前のスキンシップというのはわかるのだが、小島はそれを当然のようにできていたため、視聴者からは「そりゃ男は勘違いするわ」「スコットさんもさらに小島が好きになっただろうな」「この子、どうしてもあざとく感じるな」と、今回の行動も小悪魔女子ならではの行動と判断されてしまったようだ。

 昨年の番組出演本数も413本と女性タレント部門では堂々2位の人気者ということもあって、やはりこういった厳しい意見が上がってくるのも仕方のないことか。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」