芸能

大塚家具・久美子社長が49歳のグラビア進出?(1)経営悪化で赤字が続く中で…

 経営不振が続く「大塚家具」から、仰天情報が飛び込んできた。なんとあの大塚久美子社長(49)がまさに捨て身な起死回生の“秘策”に打って出るというのだ。その真相の行方に迫る!

 大塚家具が世間の注目を集めたのは、14年に表面化した「骨肉」の社長交代騒動だった。創業者の父・勝久氏(74)と長女・久美子社長が経営方針を巡って対立。翌年の株主総会で委任状争奪戦(プロキシーファイト)が繰り広げられ、久美子社長が経営権を握ることになった。

 会社を追い出された勝久氏は昨年6月、高級家具を販売する「匠大塚」の旗艦店を埼玉県春日部市にオープン。一方、久美子社長は勝久体制のビジネスモデルを一新するため、会員制やマンツーマンの接客を取りやめて改革を断行していく。お家騒動後には最大50%オフの「お詫びセール」を展開。ひとまず客足を伸ばすことに成功したが一転、現在は「正念場」を迎えていた。

 16年12月期決算で過去最悪となる45億円の最終赤字を記録。5月に発表された17年1~3月期の最終損益も8億円の赤字を計上している。経済ジャーナリストの松田一雄氏はこう話す。

「メイン商品を高級化路線から中価格路線に転換しましたが、消費者にうまく伝わらなかった。お詫びセールで低価格のイメージがついてしまい、セール後に足を運ぶとニトリやIKEAみたいに安いわけではなく、客足は遠のいてしまったのです。今年になって中期経営計画を取り下げて、『経営ビジョン』を発表しましたが、経営目標の数値はなく、経営者として自信を失っていることの表れでしょう」

 3月24日の株主総会では、久美子社長の再任が決まった。が、議決権行使助言会社最大手の米ISSは再任に反対を表明。株主からも厳しい声が飛んだ。

「台所事情も厳しく、15年12月に109億円あった現預金は1年で約38億円にまで大幅に減少。保有していた株を売って資金繰りをしています」(前出・松田氏)

 崖っぷちとも言える状況下で、ある兜町関係者は驚くべき情報が飛び出していると、声を潜めて明かすのだ。

「会社は赤字体質でどんどんキャッシュが消えていって、資金の余裕もなくなってきた。お金をかけずに宣伝するため、美人で知られる久美子社長にグラビア進出させてはどうか、という声が出ているのです」

 一人暮らしを謳歌する久美子社長が体を張ってアピールするとあらば、その宣伝効果は絶大なものだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”