芸能

真木よう子、「私の胸はFカップ」告白は「涙ぐましい努力」の一環だった!?

 かねてより、存在感のあるバストで男性ファンを魅了してきた女優の真木よう子。これまで非公表だったそのバストの大きさについて、ついに真木本人が明らかにした。

「これは、現在放送中の真木よう子主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の宣伝を兼ねて、真木が始めたツイッターでのこと。7月27日夜、真木のバストが垂れたことを指摘する失礼なコメントに対して、真木が『子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです』と回答し、Fカップであることを明かしたのです。これには『悪いことしてないのに謝っちゃダメです』『もれなく全員に訪れるもの』など、真木を支持するコメントが。さらにこの一件がネットニュースに上がると、これに対しても『正直でよろしい』『そりゃそうですよ。母の証し』『さらっと言えちゃう真木さんが好き』など、好意的な意見が書き込まれています」(芸能ライター)

 ドラマの視聴率は第3回までの平均で4.8%と極めて厳しい状況。主演として、少しでも興味を持ってもらうべく頻繁にツイートし、非公表だったバストサイズを告白するまでにいたった努力には、ドラマ以上に涙を誘うものがある。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か