女子アナ

加藤綾子、「胸の渓谷の汗の匂い」談義で、アンダーウエアの洗濯頻度を激白!

 明石家さんまがMCを務め、加藤綾子がアシスタントを務める「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)。7月26日の放送回のテーマは夏の汗とニオイ。「汗臭さに良い食べ物は紅鮭とリンゴ酢」「乾いたタオルで汗をふくのはNG、湿ったタオルでふくと熱中症対策になる」といった興味深い情報が紹介される中で、マーケティング評論家の牛窪恵氏が披露したのが「女性は胸の渓谷のバスト臭に要注意」との知識。すかさずゲストの森三中・大島美幸が「私、バストに汗をかきます」と反応。MCの明石家さんまが爆笑し「ニオイは?」と聞くと、大島は少し考えて「甘いかな?」。

 そして牛窪氏が、脇汗と違って胸は人前でふけずニオイの原因菌が繁殖しやすく、特に胸の先の周りにはアポクリン腺が多いと解説した次の瞬間。何を興奮したのか、さんまが加藤に、

「だから胸突き出してる~」

 と、少々謎のツッコミ。黄色いノースリーブの服を来たカトパンは口に手を当てながら「出してないですよ~」と笑いながら否定したのだった。

 話がバスト臭対策に移ると牛窪氏は、ブラを清潔にして毎日洗うことを勧め、1週間以上洗わないという女性は1割という統計が紹介されると、大島が「毎日だと、ブラがなくなっちゃう」と言うと、カトパンも「週1? もうちょっと洗ってますかね。2~3日に1回……」と言って「でも毎日だと追いつかなくないですか?」と疑問を呈した。洗いすぎるとボロボロになるという指摘にも「そうそうそう」と同意したのである。

「牛窪氏の話の流れに照らせば、Eカップの胸のカトパンは、かなりバスト臭が渓谷たまりそうなタイプ。ただ、牛窪氏はバスト臭、特に母乳の香りは男性を惹きつける効果があり、その香りはバニラに近いので、男性を誘惑したい女性は、バスト臭をごまかす意味でも、バニラエッセンスやベビーパウダーなどをつけるといいと言ってました。男性視聴者からすれば、つい汗だくの胸の渓谷に、何かを塗っているカトパンの姿を想像してしまいますよ」(放送作家)

 さんまも、「バニラ塗られたら、オレ、イチコロだよ」。

 と、おどけていたが、その相手としては目の前のカトパンを想定していることはほぼ間違いなさそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」