スポーツ

ディープインパクト産駒「最強神話」に陰りあり!(2)活躍馬は早熟タイプが多い

 いったい、何がこうした異変(スランプ状態)をもたらしたのか。ある競馬関係者は語る。

「どの種牡馬にも不作、豊作の年がありますが、14年産のディープ産駒はまさに不作で、期待ハズレの馬が多かった。例えば牝馬のエリティエールはルージュバックの半妹ということで、デビュー前の評判たるやすごいものだった。しかし、体質が弱くてどうしようもない。2月25日の新馬戦(中山)で9着と人気を裏切って以降、一度も使えない状況です。牡馬のほうでは、パーシーズベストの全弟のステッドファスト。ある競馬コラムで『これで走らなければ今後馬体を見ても意味がないと言い切っていい』と絶賛されていましたが、17、13、15、8着と惨敗続き。見るからにスピードに欠けているし、未勝利脱出は、まず難しいでしょう」

 ちなみに、この2頭は天下のノーザンファームが自信を持って某クラブに送り出した良血馬だ。募集価格もそれにふさわしく、6000万円、8000万円と高額だった。

 先の競馬関係者が続ける。

「ディープ産駒はムダ肉がつかない馬が多いので、デビューにさほど手はかかりません。しかも、素質に応じてそれなりに走って、ソコソコ結果を出してくれます。しかし、素質だけで活躍していても成長が伴っていなければ、いずれ成績は頭打ちになります。ディープ産駒の活躍馬にはそういう早熟タイプがけっこう見られますね。あのマカヒキも、それに当てはまりそう。馬体面での成長も見られませんし‥‥。ただ、成長うんぬんに関しては、母系との関係もありますから、そういうところもしっかりと見て判断すべきでしょう」

 母系のことについて言えば、今の日本はサンデー系牝馬が飽和状態で、ディープにどの馬をつけるのか苦労している。

 例えば多くの繁殖牝馬を抱えている社台は、できるだけ良質の牝馬をつけるようにして成功してきたが、日本馬だけではそれも限界と判断。このままでは血統的な発展も望めないと見て、9年ほど前から世界中の名牝を購入している。高額で売りに出されている馬の多くは、その牝馬の仔だ。

 そして、ルージュバックの母ジンジャーパンチ(07年の米国最優秀古牝馬)のように、マンハッタンカフェとはうまくいったものの、ディープではダメだったという例もある。

 売りに出したほう、購買したほうともに「ディープなら姉以上の活躍も‥‥」と思っていただろうが、期待どおりにはいかなかった。名牝の仔だからといって、必ず走るわけではないのだ。馬券を買う側も、このことを肝に銘じたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!