芸能

市川紗椰、「ユアタイム」終了&降板でも「逆境の中で頑張った」賞賛の嵐!

 気が付けば、支持層もみるみるうちに拡大していた?

 フジテレビの深夜の報道番組「ユアタイム」が、今秋で放送を終了することが明らかとなった。

 同番組は昨年4月に産声を上げるも、当初メインMCを務める予定であったショーンK氏が学歴詐称問題で番組を降板。その影響で高学歴のモデルである市川紗椰が急遽1人でMCを務めることになった。ところが、あまりにカミカミな進行が話題になり、不評が多かったことも考えると1年半での番組終了もうなずける結果であろう。

 しかし、世間の反応を見てみると、「市川は十分頑張っただろう」「いろいろしんどかったと思うけど、プレッシャーから解放されてよかったと思う」「市川は悪くない。すべてはショーンKの責任だろ」といった、市川を擁護するコメントが多数見られている。

「確かにコメントも聞きづらかったりでMCとしては不十分なところは否めませんが、急すぎるピンチヒッターでも頑張った方でしょう。世間からのバッシングも相当なものだったでしょうし、同番組で原稿を読んで噛んだ時には共演している野島卓アナに『死ねば?』という感じの視線を送られるとも告白していました。気の毒な面はありますよね。そんなアウェイな状態でもひたむきに奮闘し続ける市川を徐々に応援し始める層も増え始めていましたから、番組終了の一報に、市川の成長を見守り続けてきた視聴者の中にはショックを受けている者も意外に多いんです」(エンタメ誌ライター)

 今後は金曜日に「裏被り」している「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)などに出演して、自身の強みを十分に発揮してくれることを期待している。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」