特集

溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

Sponsored

「あれっ、なんだか足がかゆい」

 こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。

 水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こります。指の間・足の裏や爪によくみられるのは、ケラチンが多く、蒸れやすいこともあって白癬菌の繁殖に適しているから。白癬菌が繁殖しても自分ではなかなか気がつかないものですが、先の例は水虫の初期段階の症状といえます。

⇒もしかして、水虫…?

◆水虫は知らず知らずのうちに起こる!?

 実は、白癬菌は日常どこにでもいる菌。水虫=男性のイメージが強いですが、蒸れやすいパンプスやブーツ、長靴などを履く女性にも多いのだとか。白癬菌は感染した人の皮膚からばら撒かれ、人にうつります。なので、裸足で歩くような場所にはほぼ白癬菌がいるといってもよいかも。プール、ジム、温泉やそれらの更衣室のマット、公共施設のスリッパなどをよく利用する人は注意したいですね。

 知らず知らずのうちに水虫になって病状が悪化、そのまま放っておくと、自らが感染源になってしまいます。だからこそ、ちょっとでも水虫が疑われるときは、すぐに治さなければいけないんです!

⇒水虫に悩むのは男性だけではない

◆正しく治療を行えば、水虫は退治できる!

 水虫はかつて、治らない病気といわれていたようです。「風邪と水虫の治療薬を開発すればノーベル賞」なんてこともいわれてましたね。でも、今は白癬菌に直接作用する薬が開発され、ほとんどの水虫は症状の改善が期待できるようになったんです。

 水虫治療の第一歩は、足裏をていねいに洗うこと。水虫の人もそうでない人も、これが基本です。白癬菌は足の角質に侵入するまで24時間かかるので、その前に足の指1本1本までていねいに洗い、白癬菌を取り除くことが感染と悪化を防ぐためにも大切なんです。

 そして、治療薬を使う場合に気をつけたいのが、その使い方。白癬菌は水虫の症状が出ている患部だけではなく、足裏全体にいます。なので、治療薬は足裏全体に塗る必要があります。

 また、かゆみや水泡などの症状が消えても治療薬は塗り続けてください。というのも、白癬菌に感染した皮膚がなくなって新しい皮膚に入れ替わるターンオーバー期間は、足裏で3カ月ほどかかるからです。かかとや角質の厚い部分で6カ月、足爪では1年もかかります。症状がなくなったから治ったと思い、治療をやめてしまうと再発することも。だから、水虫を完治させるには、ターンオーバーに合わせた治療が必要なんです。

⇒水虫との闘いは短くない

◆4つの厳選成分による効果的なプロセスで完治に導く『モーテンキンピ液』が登場!

 水虫の原因である白癬菌は角質層に寄生するので、治療では薬剤を角質層まで浸透させなくてはいけません。そして、かゆみをともなう水虫では、患部を掻いたりして悪化させないよう、不快感を鎮める必要もあります。

 Yahoo!ショッピングの水虫デイリーランキングで1位になっている『モーテンキンピ液』は、これらを満たし、水虫・たむしに優れた治療効果を発揮する医薬品です。

『モーテンキンピ液』の強みは「浸透力」「かゆみ止め」「殺菌力」「抗菌力」の4つ。

 水虫撃退までのプロセスとして、まずは「サリチル酸」で角質層を溶解、抗菌します。

 次に、漢方の生薬、「木槿(ムクゲ)皮チンキ」で抗菌、「安息香酸」で皮膚への浸透性を高めて菌の活動を抑制します。

 そして、不快なかゆみを鎮める「クロタミトン」も配合。厳選した4つの成分によって、水虫を撃退してくれちゃうんです。爪まわりの水虫にも効果があります。

 水虫は、以前は手ごわい病気だったかもしれませんが、現在はそういうことはありません。水虫は「退治できる」んです。『モーテンキンピ液』を塗り始めれば、皮膚のターンオーバーで3カ月くらいから患部の皮がボロボロとむけてきますよ。

「水虫は治りにくいから……」と、お悩みのみなさん、ぜひトライして効果を実感してみてください!

⇒『モーテンキンピ液』をお試しするなら

Sponsored by 株式会社バイオセーフ

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!