芸能

2017年上半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)「このハゲ~」が「とくダネ」で…

 小出はドラマで若き日の談志師匠を演じてるんだよね。中山秀ちゃんが談志師匠の老いの役で。それで次はさんまさん役だったでしょ?

 でも、全然そういう“大きい役をやった感”がないですよね。印象に残るのは、嫌なヤツ役なんですよ。「愚行録」や「ジョーカー・ゲーム」とか。わりと嫌なヤツをやるとハマる。

 それは素なんだな。

 でも、普通に考えて、談志師匠の若き日の役をオファーされてたとして、受ける?

 まあ思い入れがないからできるんでしょうね。

 そういうことなんだな。

 「談志って誰?」って。

 でも、一晩に5回もヤルってすごいな。石原良純さんとその話をしていたら「5回はすごいよ、5回はできない」って(笑)。

 で、相手はやる前に確認してるからね。

 「狩野英孝になっちゃうよ」って言われてる。

 しかし、ここまでアミューズが上を下への大騒ぎっていうのも、なかなか珍しい。「星野源収入」が全部これで消えていくんじゃないか。

 ああ。

 まぁ、やっぱりそういうオラオラなノリが好きみたいな人だから、もともとちょっと危なっかしくはあったんでしょうけどね。

 事務所の会長が株主総会で「アミューズ始まって以来の大不祥事」と言ったんだけどさ。いや、サザン・大森の覚醒剤がある(笑)。

 あれは小さいんだ。

 あれ、小さくないよ。大きいよ。

 濱松恵、東京03の豊本さんの浮気相手ですけど、この前のネット放送がすごかったですね。

 彼女、すごいよ。

 何でも暴露する人で、東スポの連載で、初体験がV6の岡田とか、佐藤江梨子は許さないとか、暴露しだして。この前の話だと、K-1もかなり行ってたみたいな話で。

 ピーター・アーツ?

 ピーター・アーツ、やってましたね(笑)。それで、いろんな人から話を聞いてるんだけど、「谷川さんというのは評判が悪い」みたいな。

 アハハハハ。

 事情をよくわかんないまま話してる感じがすごかったですよ。

 彼女の扱いって、低くない? 発言的にはかなりの爆弾だよ。

 あんまり取り上げられないな。

 あの「濱」の字が難しいからという説がある(笑)。読めない、わかりにくい。

 ちなみに、この濱松恵の東京03・豊本さんの暴露も、本当にどうでもいいことで、「豊本さんはアナルが大好き」って(笑)。

 お尻ナメナメね。

 ヤバイなあ。そういうこと言われると、もうプレイがどんどん、どんどん狭まってくるからね、俺も。

 どう流れ弾が飛んでくるかわからないから。

 正常位しかできなくなっちゃう。

 ここで前にも言ったけどさ、我々、いつも正常位だし、行為は全部撮っとくって。証拠用として。

 車載カメラみたいに。

 「俺たち大人だよね? 合意だよね?」って、いちいち言質を取りながらコトに及ぶ(笑)。

 豊田真由子、「ハゲ~」。

 これ、いろんな人が小倉さん司会の「とくダネ!」で忖度して放送しなかったみたいな話をしてるんだけど、ちゃんとみんな見てない。本当は「とくダネ!」は17分にわたって、豊田真由子の「このハゲ~」を特集したんだよ。それがもう、いかに針のムシロならぬハゲのムシロだったかっていうの。出演者からスタッフまで、みんながものすげえ困った顔でね。

 「このハゲ~」って言うたびに(笑)。

 どうしたらいいんだろうって。

 俺とか、別に好きでスキンヘッドにしてるから、「ハゲ」って蔑称として言われてもな~っていうのはあるけど(笑)。

 宇多ちゃんもそうだからね、やっぱり「このハゲ~」呼ばわりだから。

 パワハラだったんだ、これ、って(笑)。

 「このハゲ~」は今年の流行語大賞の候補になりそうだけど、去年、鳥越俊太郎は自身の不倫騒動とベッキーの「ゲス不倫」があって、流行語大賞の選考委員から降りたんですよ。当事者だったりするから、その現場にいられないじゃない。で、今年は、「このハゲ~」を選考委員のやくみつるが、選ぶかどうかが見ものだっていう。

 やくさん、カミングアウトしてるからね。

 じゃあ、問題ないじゃないですか(笑)。

 おいしいだろうな、やくさん。いいとこもってくよ。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男