芸能

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃4>中島はるみ・文学賞殺人事件

 70年代から80年代にかけ、トップモデルとして、また女優として輝きを放った中島はるみ(57)。唯一の一糸まとわぬ姿を見せた映画には、思いがけないドラマがあった。

──実は週刊アサヒ芸能で、89年公開の「文学賞殺人事件 大いなる助走」(アジャックス)で初めて脱ぐことを予見‥‥というか、アドバイスしているんです。

中島 えっ、そうなんですか?

──週刊アサヒ芸能が88年にインタビューした際、それまで脱ぐこととは無縁だったのに「五社英雄監督の映画だったら脱いでもいい」との発言を聞き出しています。

中島 そうですね、思い出しました。

──五社監督ではなく鈴木則文監督ではあったけど、インタビュー直後のクラインクインとなりました。

中島 当時、五社さんの映画で脱いだ女優さんは、そこから大きく飛躍した方が多かったですよね。

──故・夏目雅子、名取裕子、池上季実子、かたせ梨乃、西川(現・仁支川)峰子と、そうそうたる顔ぶれでした。

中島 私も女優として踏み出したかったんだと思います。

──それ以前の代表作といえば、刑事ドラマの金字塔となった「Gメン’75」(TBS系)の紅一点・吹雪杏子刑事役。

中島 実は体も硬いし、拳銃を持つ姿なんてまったく絵にならないから、9割は受からないでほしいって思ったんです。でも、意外とそういう時こそオーディションに勝つものだなって学びましたね。

──さて本題の「文学賞殺人事件」ですが、監督の印象はどうでした?

中島 いつも奥さんと一緒に撮影にいらしていて、映画が初めての私にも「好きにやってください」と、優しい監督でした。

──筒井康隆原作の本作は、タイトルにあるように「文学賞」を巡って、主演の佐藤浩市が不思議な人間関係に巻き込まれていきます。

中島 はい、私は佐藤さんを誘惑して、自分から全部脱いで、上にまたがっちゃうような大胆な女の役でしたね。

──緊張しました?

中島 とにかく無我夢中でやってましたから、緊張とは違ったかもしれません。佐藤さんとは世間話はたくさんしたけど、あえて濡れ場のことでどうこうは話さなかったと思います。

──トップモデルらしいダイナミックな肢体を生かした大胆なカラミと評判になりました。

中島 この映画は撮影から公開まで少し時間がかかったんですよ。公開直後に、いろんな作品のオファーが事務所に届いたとも聞きました。

──ところが、映画出演はこれっきり‥‥。

中島 はい、公開を待つ間に主人と結婚して、同時期に私の父親も病気になったんです。女優業と並行して家庭のことをやれないと思い、引退しました。

──最高のタイミングだったのに、残念でしたね。

中島 この映画の完成披露だけは顔を出しました。自分のベッドシーンは、恥ずかしくて手で顔を隠してしまいましたけどね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!