スポーツ

吉田沙保里 霊長類最強女子の最弱「婚活合コン」

 昨年のリオ五輪で銀メダルに泣いた、女子レスリングの吉田沙保里(34)。あれから1年が過ぎた。

「進退については明言を避けています。トレーニングはこなしているようですが、母校・至学館大学の副学長、日本代表コーチに芸能活動と、多忙で息つく暇もありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 立ち位置を決めかねている“霊長類最強女子”の今の主戦場はなんと、夜の繁華街だった。

「『今年のクリスマスこそ彼氏と過ごしたい!』と漏らす吉田の悲願を実現させるべく、多方面の関係者が一肌脱いでいる。交流会と称した合コンがよく開かれています」(芸能関係者)

 吉田といえば、テレビ番組で高校時代に同じ男性へ6回も告白した逸話を明かし、スポーツ選手や芸能人への公開求愛も辞さないなど、異性関係では肉食女子。さぞ合コンでも、高速タックルで男性参加者を捕獲しているかと思いきや‥‥。

「いや、参加男性と腕がぶつかって肌が触れただけで、『ビクンッ』と震え、顔を赤面させていましたよ」

 と振り返るのは、“一夜を共にした”参加者の一人。品のいいワンピースに身を包んだ吉田は率先して料理を取り分け、参加者のグラスが空になっていると、

「何か飲みます?」

 と気立てのよさを見せつけたという。一見、合コン慣れしているようなのだが、

「そっちのお酒も飲んでみたい」

 と、女性誌に掲載された「合コン必勝法」を丸暗記したようなふるまいが多く見受けられたという。先のボディタッチでドギマギしているサマも相まって、場の雰囲気は一変。

「他の参加者も吉田さんのウブさに気づいたんでしょう。合コンという空気ではなくなり、以後は吉田さんの話に耳を傾けていました」(前出・参加者)

 どうやら吉田が婚活にいそしむのは、今年女児を出産した元女子サッカー選手の澤穂希(38)の影響があるようで、合コンでも「子供が欲しい。親に見せてあげたい」と女性の本音を漏らしていたという。が、参加者がおのおの助言をしても、吉田の歯切れは悪い。すると、ついに“最弱”宣言を口にした。

「自虐的な笑いを浮かべながら『私、男性とそういうことをしたことがないんですよ』と“男性経験なし”をカミングアウト! 身も心もウブだとは思いませんでした」(前出・参加者)

 この日、吉田の思いを受け止められる男性は現れず。人生の組み手探しは今夜も続いているのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」