スポーツ

吉田沙保里 霊長類最強女子の最弱「婚活合コン」

 昨年のリオ五輪で銀メダルに泣いた、女子レスリングの吉田沙保里(34)。あれから1年が過ぎた。

「進退については明言を避けています。トレーニングはこなしているようですが、母校・至学館大学の副学長、日本代表コーチに芸能活動と、多忙で息つく暇もありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 立ち位置を決めかねている“霊長類最強女子”の今の主戦場はなんと、夜の繁華街だった。

「『今年のクリスマスこそ彼氏と過ごしたい!』と漏らす吉田の悲願を実現させるべく、多方面の関係者が一肌脱いでいる。交流会と称した合コンがよく開かれています」(芸能関係者)

 吉田といえば、テレビ番組で高校時代に同じ男性へ6回も告白した逸話を明かし、スポーツ選手や芸能人への公開求愛も辞さないなど、異性関係では肉食女子。さぞ合コンでも、高速タックルで男性参加者を捕獲しているかと思いきや‥‥。

「いや、参加男性と腕がぶつかって肌が触れただけで、『ビクンッ』と震え、顔を赤面させていましたよ」

 と振り返るのは、“一夜を共にした”参加者の一人。品のいいワンピースに身を包んだ吉田は率先して料理を取り分け、参加者のグラスが空になっていると、

「何か飲みます?」

 と気立てのよさを見せつけたという。一見、合コン慣れしているようなのだが、

「そっちのお酒も飲んでみたい」

 と、女性誌に掲載された「合コン必勝法」を丸暗記したようなふるまいが多く見受けられたという。先のボディタッチでドギマギしているサマも相まって、場の雰囲気は一変。

「他の参加者も吉田さんのウブさに気づいたんでしょう。合コンという空気ではなくなり、以後は吉田さんの話に耳を傾けていました」(前出・参加者)

 どうやら吉田が婚活にいそしむのは、今年女児を出産した元女子サッカー選手の澤穂希(38)の影響があるようで、合コンでも「子供が欲しい。親に見せてあげたい」と女性の本音を漏らしていたという。が、参加者がおのおの助言をしても、吉田の歯切れは悪い。すると、ついに“最弱”宣言を口にした。

「自虐的な笑いを浮かべながら『私、男性とそういうことをしたことがないんですよ』と“男性経験なし”をカミングアウト! 身も心もウブだとは思いませんでした」(前出・参加者)

 この日、吉田の思いを受け止められる男性は現れず。人生の組み手探しは今夜も続いているのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”