スポーツ

吉田沙保里 霊長類最強女子の最弱「婚活合コン」

 昨年のリオ五輪で銀メダルに泣いた、女子レスリングの吉田沙保里(34)。あれから1年が過ぎた。

「進退については明言を避けています。トレーニングはこなしているようですが、母校・至学館大学の副学長、日本代表コーチに芸能活動と、多忙で息つく暇もありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 立ち位置を決めかねている“霊長類最強女子”の今の主戦場はなんと、夜の繁華街だった。

「『今年のクリスマスこそ彼氏と過ごしたい!』と漏らす吉田の悲願を実現させるべく、多方面の関係者が一肌脱いでいる。交流会と称した合コンがよく開かれています」(芸能関係者)

 吉田といえば、テレビ番組で高校時代に同じ男性へ6回も告白した逸話を明かし、スポーツ選手や芸能人への公開求愛も辞さないなど、異性関係では肉食女子。さぞ合コンでも、高速タックルで男性参加者を捕獲しているかと思いきや‥‥。

「いや、参加男性と腕がぶつかって肌が触れただけで、『ビクンッ』と震え、顔を赤面させていましたよ」

 と振り返るのは、“一夜を共にした”参加者の一人。品のいいワンピースに身を包んだ吉田は率先して料理を取り分け、参加者のグラスが空になっていると、

「何か飲みます?」

 と気立てのよさを見せつけたという。一見、合コン慣れしているようなのだが、

「そっちのお酒も飲んでみたい」

 と、女性誌に掲載された「合コン必勝法」を丸暗記したようなふるまいが多く見受けられたという。先のボディタッチでドギマギしているサマも相まって、場の雰囲気は一変。

「他の参加者も吉田さんのウブさに気づいたんでしょう。合コンという空気ではなくなり、以後は吉田さんの話に耳を傾けていました」(前出・参加者)

 どうやら吉田が婚活にいそしむのは、今年女児を出産した元女子サッカー選手の澤穂希(38)の影響があるようで、合コンでも「子供が欲しい。親に見せてあげたい」と女性の本音を漏らしていたという。が、参加者がおのおの助言をしても、吉田の歯切れは悪い。すると、ついに“最弱”宣言を口にした。

「自虐的な笑いを浮かべながら『私、男性とそういうことをしたことがないんですよ』と“男性経験なし”をカミングアウト! 身も心もウブだとは思いませんでした」(前出・参加者)

 この日、吉田の思いを受け止められる男性は現れず。人生の組み手探しは今夜も続いているのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!