芸能

ビートたけしの金言集「たけし軍団にも番付制度が導入された!」

 20年近く弟子をやっていると、“殿、あれはいったい何だったんですか?”といった出来事の5つ、6つはあるものです。

 19年ほど前、殿がいきなり、

「これからはあれだ。軍団も相撲みてーによ、番付制度を導入するぞ!」

 と、大真面目に宣言されたことがありました。

 殿が言うには、芸人の世界の不文律である“1日でも先に入ったものが年下であろうと先輩である”といった考えを廃止して、これからのたけし軍団は、殿が各自の実力を見定めた番付表を作り、その番付を絶対として、たとえ後輩であろうと番付が上なら「兄さん」と呼ばなくてはいけないという、完全実力主義に方向転換を図るというのです。

 この時、弟子入り1年目の、番付とはほぼ無関係な位置にいたわたくしは〈でも相撲と違って“場所”があるわけでもないし、殿が決めるといったって、どうやって実力を見極めるんだ?〉と、単純な疑問を感じたのをよく覚えています。そして、この心配はすぐに的中しました。“オイラが番付を作る”と言った口も乾かぬうちに殿は、

「とりあえず番付はタカとダンカンで決めろよ」

 と、番付作成を他人にまかせる意向を、実に屈託なく言い放ったのです。もちろん、その場にいた誰もが、“えっ! いきなり最初の話と違うじゃん!!”と思ったのは言うまでもありません。が、師匠が「ふたりに任せた」と言うのなら、それに従うしかなく、さっそく、タカさんとダンカンさんは番付作成に入ったのですが、そこはおふたりとも人間です。各自、“お気に入りの後輩”や“イマイチしっくりこない後輩”がいるわけで、おのずとおふたりの私情がかなり色濃く反映された番付が出来上がってしまったのです。

 さすがにこれには、〈これじゃ、殿が初めに掲げた実力主義でも何でもねーじゃん!〉と、例によって解せない疑問を強く抱かせていただきました。

 で、そんな番付をじっくり見ると、“それにしたって、これはないだろ”と思える箇所が──。それは、当時すでにレギュラーを抱え、しっかり売れていた浅草キッドの玉袋筋太郎さんが、なぜかまったく売れてないキャリア2年目の後輩より番付が下だったのです。

 これは明らかにタカさんとダンカンさんの悪ノリです。が、殿はそんなツッコミだらけの番付をまじまじと見つめると、

「うん。なかなかいいな!」

 と、満足気な感想を漏らしました。が、玉袋さんもすかさず、

「○○(後輩ね)兄さん、今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」と挨拶をし、楽屋は瞬時に、ドッと笑いに包まれたのです。結局、この“笑い”によって、番付は完全に“ギャグ”となってしまい、殿が掲げた“夢の番付構想”ははっきりと崩れたのでした。当たり前ですが、あの日以来、誰も番付のことを語る者はなく、今では完全になかったことに‥‥。殿、いったいあれは何だったのでしょうか?

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…