スポーツ

夏の甲子園「2度の優勝」ともに「決勝戦での満塁ホームラン」が導いた県は?

 今年の夏の大会、3回戦の盛岡大付(岩手)対済美(愛媛)戦は史上初の1試合2本の満塁ホームランが飛び出す歴史的な空中戦の末12‐7で盛岡大付が打ち勝った。これが夏の決勝戦での満塁ホームランとなると、過去3度飛び出しているが、実はそのうちの2本は佐賀県勢が打ったものである(残りの1本は08年第90回大会の大阪桐蔭)。

 中でも2本目は熱心な高校野球ファンでなくとも言われれば思い出すのではないだろうか。07年、第89回大会の佐賀北である。8回表まで広陵(広島)に0‐4とリードされていたが、その裏に広陵のエース・野村祐輔(広島東洋)を捉えて1アウトから連打が続くとそこから連続四球で1点を返し1‐4。ここで打席に入った3番の副島博史が劇的な逆転満塁ホームラン。5‐4で劇的初優勝を飾ったのだ。

 その歓喜からさかのぼること13年。94年第76回大会で佐賀県勢として夏の甲子園初優勝を飾ったのが佐賀商だった。決勝戦は優勝候補の樟南(鹿児島)との対戦。試合前は「佐賀商苦戦」が伝えられたが、試合はがっぷりよつの展開となり、8回を終わって4‐4と互角の展開となっていた。そして迎えた9回表。佐賀商の攻撃は2アウト満塁と絶好の勝ち越しのチャンスを迎えていた。ここで打席に入った2番・キャプテンの西原正勝がレフトスタンドへ劇的な決勝満塁弾。8‐4で樟南(鹿児島)をくだし、佐賀県へ初の深紅の大優勝旗をもたらしたのだった。

 過去2度しかない佐賀県勢の夏の甲子園優勝の決勝点はいずれも満塁ホームランだったというのは奇妙な一致と言うしかないのだが、実はこの両校、いずれも開会式直後の開幕試合に登場した点でも一致している。つまり今後、佐賀県勢のチームが夏の甲子園の開幕試合に登場し、そのまま勝ち進んで決勝戦に進出した場合、満塁ホームランで優勝する!? そんなバカなと思われる人もいるだろうが、“2度あることは3度ある”とも言う。佐賀県勢のこの法則、ぜひとも覚えておいていただきたい。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史