芸能

広瀬すず 超過密スケジュールを支える「影武者」がいた!(3)影武者は一流芸能人の「証し」

 広瀬のように顔まで似ているケースは珍しいが、スタンドインのサポートを受ける人気タレントは他にもいる。ベテラン芸能記者がこう説明する。

「CMの制作会社が探してくることが多いのですが、上戸彩(31)のように大手事務所の場合は、事務所の後輩を用意してくれます。中山美穂(47)は直接、専属を指名していました。その“代役”は、ふだんからテレビを見て中山のしぐさやほほえむ表情を勉強していて、どことなく雰囲気も似ていましたね」

 映画やドラマの俳優業に加えて、ナレーションでも引っ張りだこの俳優・遠藤憲一(56)にも専属のスタンドインがいるという。

「基本的にどんな仕事も断らないため、“代役”を用意するようになったそうです。あるCMの撮影現場では、遠藤の相手役を務めたド新人の女優がリハーサルでNGを連発。深夜にまで及んでしまい、スタンドインの男性がヘトヘトになりながら務めていました」(広告代理店関係者)

 翌日にようやく迎えた本番で“本物”が登場。一緒に来ていた代役から、

「昨日は参りましたよ~」

 と、その場で愚痴を聞かされると、遠藤は懸命になだめていたという。

 元AKB48の大島優子(28)も、なじみの“影武者”との間でこんな場面を目撃されている。

「代役の女性が、大島の楽屋に挨拶に行ったところ、『あ~○○ちゃん、いつもありがとうございます』と、深々とお辞儀をして感謝され、すごくビックリしていた。ドラマのエンドロールにも名前が出たことがないような存在なのに、ちゃんと名前まで覚えてもらっていたことに感激したそうです」(ワイドショー芸能デスク)

 超過密スケジュールのために、苦肉の策でスタンドインが起用されたのは、昭和のスター・山口百恵(58)がそのハシリだったという。映画やグラビアの撮影に忙殺されていた70年代、ヒロインを務めた「赤いシリーズ」(大映ドラマ)では大物俳優との共演シーンに参加できず、

「画面の手前に背中を向けた百恵がいて、その奥から宇津井健がセリフをしゃべる場面でした。本番では百恵の肩のラインや髪型がそっくりな代役でまず撮影を行って、別の日に百恵で同じシーンを撮ったんです。バラバラに撮影しても照明や小道具の位置はまったくズレがない。編集作業のレベルの高さに、視聴者は気づかなかったはず。それでも共演者の中には百恵のスケジュールに振り回され、別人と撮影する手法に不満を示して降板した女優もいましたね」(前出・ベテラン芸能記者)

 “影武者”の存在は、一流芸能人の「証し」にもなっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!