芸能

広瀬すず 超過密スケジュールを支える「影武者」がいた!(3)影武者は一流芸能人の「証し」

 広瀬のように顔まで似ているケースは珍しいが、スタンドインのサポートを受ける人気タレントは他にもいる。ベテラン芸能記者がこう説明する。

「CMの制作会社が探してくることが多いのですが、上戸彩(31)のように大手事務所の場合は、事務所の後輩を用意してくれます。中山美穂(47)は直接、専属を指名していました。その“代役”は、ふだんからテレビを見て中山のしぐさやほほえむ表情を勉強していて、どことなく雰囲気も似ていましたね」

 映画やドラマの俳優業に加えて、ナレーションでも引っ張りだこの俳優・遠藤憲一(56)にも専属のスタンドインがいるという。

「基本的にどんな仕事も断らないため、“代役”を用意するようになったそうです。あるCMの撮影現場では、遠藤の相手役を務めたド新人の女優がリハーサルでNGを連発。深夜にまで及んでしまい、スタンドインの男性がヘトヘトになりながら務めていました」(広告代理店関係者)

 翌日にようやく迎えた本番で“本物”が登場。一緒に来ていた代役から、

「昨日は参りましたよ~」

 と、その場で愚痴を聞かされると、遠藤は懸命になだめていたという。

 元AKB48の大島優子(28)も、なじみの“影武者”との間でこんな場面を目撃されている。

「代役の女性が、大島の楽屋に挨拶に行ったところ、『あ~○○ちゃん、いつもありがとうございます』と、深々とお辞儀をして感謝され、すごくビックリしていた。ドラマのエンドロールにも名前が出たことがないような存在なのに、ちゃんと名前まで覚えてもらっていたことに感激したそうです」(ワイドショー芸能デスク)

 超過密スケジュールのために、苦肉の策でスタンドインが起用されたのは、昭和のスター・山口百恵(58)がそのハシリだったという。映画やグラビアの撮影に忙殺されていた70年代、ヒロインを務めた「赤いシリーズ」(大映ドラマ)では大物俳優との共演シーンに参加できず、

「画面の手前に背中を向けた百恵がいて、その奥から宇津井健がセリフをしゃべる場面でした。本番では百恵の肩のラインや髪型がそっくりな代役でまず撮影を行って、別の日に百恵で同じシーンを撮ったんです。バラバラに撮影しても照明や小道具の位置はまったくズレがない。編集作業のレベルの高さに、視聴者は気づかなかったはず。それでも共演者の中には百恵のスケジュールに振り回され、別人と撮影する手法に不満を示して降板した女優もいましたね」(前出・ベテラン芸能記者)

 “影武者”の存在は、一流芸能人の「証し」にもなっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
2
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
3
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
4
人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…
5
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?