芸能

日テレ・水卜麻美アナ「惜別のロケ」を見逃すなッ!(1)退社フリー説の噂も流れていたが…

 不動のナンバーワン女子アナの周辺が騒がしい。秋からは「スッキリ!!」への“栄転”が決まったばかりか、混乱の最中にある「24時間テレビ」のチャリティマラソンのランナーにも「内定」。さらには、期間限定の惜しみないサービスカットで視聴者を悩殺しているのだ。

 今やぽっちゃりキャラどころか、不動の人気女子アナとなった日本テレビの水卜麻美アナ(30)。そんな彼女に“異変”が起きているというのだ。芸能デスクが明かす。

「4月に30歳の大台を迎えたばかりの水卜ちゃんですが、以前から退社フリー説がまことしやかにささやかれていました。好きな女子アナランキングでは、カトパンを抑えて4年連続1位という好感度の高い水卜アナをむざむざと手放せない局側は、その流出を防ぐために最大限の条件で慰留交渉を行った。その結論が、待遇アップにつながって、年収が700万円も上がったといいます」

 フリー転身となれば「年収1億円は下らない」(広告代理店関係者)と言われる水卜アナだけに、局側としても異例の対応に出たというのだ。だが、当然ながらその期待ゆえに、視聴者サービスも忘れてはいない。

「秋からは、現在出演中の『ヒルナンデス!』から朝の情報番組『スッキリ!!』に鳴り物入りで異動することが決まっています。8月8日の放送中に、みずから降板することを涙ながらに発表するやいなや、これまでにはあまり見せてこなかったセクシーロケにも果敢に挑戦しているのです」(前出・芸能デスク)

 その証左か、8月11日放送の「ヒルナンデス!」では「東京五輪2020の新種目に水卜が挑戦!」と題したコーナーで、水卜アナみずからが空手エクササイズに体当たり。

 ゆったりしたシャツを着た水卜アナは豊かな胸のシルエットをクッキリ見せつけたばかりか、激しい運動の最中に谷間チラリも連発。“正拳突きエクササイズ”で拳を突き出すと推定Dカップの胸をブルンブルン揺らしまくる。続く“回し蹴りエクササイズ”ではカメラが水卜アナの下半身にズーム。パッカリ開いた羞恥ポーズをカメラに向かって惜しげもなく披露するのだ。

 お次の「ボルダリング」ロケでは、初心者コースに挑戦すると、

「私、腕の力には自信があるので」

 と言いながら、スイスイ壁を登っていく水卜アナ。しかし、真上に固定されたカメラにはプルプル揺れる胸の谷間がしっかりと捉えられていたのだった。

 さらに上級者コースでは、きつい傾斜のためになかなか登れなかったことで、ついには地べたにお尻をつけて壁の石をつかみ、壁沿いに正常位を思わせる大開脚ポーズまで披露。まさに「谷間ありき」のエロ演出のてんこ盛りとなった。

「お昼の番組とはいえ、『ヒルナンデス!』はこうした水卜アナの大食い食レポやセクシー体当たり企画で人気を維持してきた。同時間帯の『バイキング』(フジテレビ系)、『ひるおび』(TBS系)と熾烈な視聴率競争の最中だけに、番組を卒業する水卜アナが最後の置き土産として、さまざまなロケに挑戦し、視聴率のテコ入れ策を行う予定です。卒業が決まっても目玉は水卜ナンです!」(日テレ関係者)

 それだけではない。現在も出演者について、かん口令が敷かれている「24時間テレビ」のチャリティランナーに「内定」したとの情報も社内ではまことしやかにささやかれているのだ。日テレ関係者の話。

「92年から始まったチャリティマラソンは、今や『24時間テレビ』の目玉企画になっています。通常ならば5月には出場者が発表され、専属トレーナーがつくところなのですが、放送40回目となる今年は番組史上初の“当日発表”となりました。実はある俳優が内定していたが、諸事情でNGに。出演者が難航し、当日発表ということにしていますが、そこで白羽の矢が立ったのが、日テレの社員でもある水卜アナだったのです。すでに本人も当日に備えて準備万端のようです」

 この色めき立つ花道に女子アナ・ウオッチャーの丸山大次郎氏も期待する。

「水卜アナは体験レポでタイトな服ではムッチリ感が出すぎるため、ゆったりしたスポーツウエアを身につける傾向にあります。しかし、これが裏目となり、胸チラ連発を配給してしまうのです。異動先の『スッキリ!!』はロケが減ることになるので、最後のお色気乱舞が見ものです」

 まさに、ますます水卜アナの“露出”が激増しそうな勢いなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?