芸能

真木よう子「主演ドラマ打ち切り」の恐怖現場(1)視聴率低迷だけでなく…

「数字とかネットとか、そんな本当の正体もわからないものに振り回されるのやめにしませんか!」──9月7日放送の最終回で、まさに心の叫びとも取れる“本音セリフ”をまくしたてたのは真木よう子(34)。まさかの打ち切りに終わった、凍える夏ドラマの恐怖現場をレポートする。

 軒並み10%割れ低視聴率が続出した夏枯れドラマ。中でも全話平均が約4.5%と超低空飛行となったのが、真木の2年ぶりの連ドラ主演作「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)だ。本作は、庶民的なパート主婦の真木がファッション誌の読者モデルに抜擢され、華やかな業界で、ライバルモデルたちと競いながら成長していくというサクセスストーリー。鳴り物入りでスタートしたのだが‥‥。

 フジテレビ関係者が内情を明かす。

「このドラマは、当初は全10話で進行していたのですが、第6話で3.7%という深夜ドラマ並みのワースト視聴率を更新してしまい、急きょ全9話で構成し直すことになりました。要するに打ち切りです」

 1話繰り上げとなったドラマ最終回の収録は9月1日に行われたという。

 ドラマ関係者が明かす。

「終盤には、台本で15ページ以上に及ぶ、このドラマにしては異例の超長回しのシーンがありました」

 主演の真木がラストを締めくくる重要な場面だ。売り上げが落ち込み、雑誌の存続が危ぶまれているというネットニュースを耳にした編集部員たちを前に、真木は冒頭のようなセリフを約6分にわたって熱弁した。

「ファッション誌の編集部で、真木さんが思いをぶちまけるこのシーンの撮影前に、共演者には『真木さんを怒らせたくないから、絶対にNGを出さないように』とお触れが回ってきていました。というのも、真木さんの一つ一つのセリフがかなり長いため、途中で他の役者がNGを出すともう一度最初から読み上げなければなりません。真木さんを怒らせてはいけないというスタッフの配慮でした」(前出・ドラマ関係者)

 まさに、夏ドラマがコチンコチンに凍てついた恐怖の瞬間だったという。

「最終日ですらこのありさまでしたが、このドラマは数字が低迷しただけでなく現場の雰囲気も最悪でした。とにかくスタッフ不足で、前日にロケのスケジュールが変更になることも日常茶飯事。そのため真木さんも『何なのよ~』と愚痴をこぼしていました」(前出・ドラマ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
2
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?