芸能

優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?

 お笑い業界でまことしやかに囁かれるジンクス、それは“覇者不発説”だ。芸人の世界には年に3度のメジャーコンテストがあり、春はピン芸人の「R-1ぐらんぷり」、秋はコントの「キングオブコント」、冬は漫才師の「M-1グランプリ」が、ゴールデンタイムにそれぞれ、フジテレビ、TBS、テレビ朝日系列で、全国ネット生放送されている。どれも優勝すれば売れっ子間違いなしだったが、ここ数年は、それが覆されているという。お笑い事情に詳しいコラムニストに話を聞いた。

「その傾向が顕著になったのは、2008年の『M-1』。優勝したのはNON STYLEでしたが、翌年からドカンと売れたのは準優勝のオードリー。以降、同じ現象が続きました。09年はパンクブーブーが優勝しましたが、売れたのは初出場のハライチ。第1シーズンの最後となった10年は、笑い飯が有終の美を飾りましたが、翌年売れっ子になったのはスリムクラブ。幸か不幸か、準優勝以下がブレイクし、テレビタレントとして今も引っぱりだこです」

 漫才ですらこんな状況で、コント職人の世界はもっと悲惨。「キングオブコント」は今年が記念すべき第10回だが、過去9組の覇者のうち、今でも全国区でテレビを舞台に活躍しているのは09年優勝の東京03、11年のロバート、12年のバイきんぐのわずか3組。10年のキングオブコメディにいたっては、高橋健一が15年に女子高生の制服などを窃盗して逮捕され、コンビは解散している。

「さらに『R-1』に目を移せば、初年度覇者のだいたひかるは不貞疑惑が浮上して離婚しテレビから消え、その後再婚しましたが、早期の乳ガンが発覚。現在は復帰していますが、一時はかなり大変だったようです。05年のほっしゃん。(星田英利)は昨年、引退を示唆して即日撤回するという“引退騒動”を起こしてからはパッとしない。07年と08年の2連覇を唯一達成したなだぎ武は、友近との破局後、『売名彼女』に引っかかってしまいました。09年の中山功太、14年のやまもとまさみはバイト生活に転落。今年の優勝者であるアキラ100%は今でこそ多忙ですが、時間の問題と見られています」(前出・コラムニスト)

 年末の「M-1」に向けて現在、予選が開催中。ジンクスを打ち破ってくれるコンビが出てくれることを願うばかりだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方