芸能

長嶋一茂をコメンテーターが“低能扱い”疑惑で「モーニングショー」解体危機!

 テレビ朝日系で放送されている朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」が、前身である「モーニングバード」をリニューアルしスタートしてから2年。「とくダネ!」(フジテレビ系)や「スッキリ!!」(日本テレビ系)と熾烈な視聴率競争を繰り広げている中、不穏な話題が聞こえてきた。

 同番組について「最近、“番組解体の危機”とまで言われている懸念材料があるんですよ」と語るのは同局関係者。それは「出演者間の確執」だという。

「金曜コメンテーターの長嶋一茂さんとレギュラーコメンテーターでテレ朝社員の玉川徹さんが笑えないぐらい険悪なんです。実際、その険悪さから、一茂さんの『問題発言』が飛び出してしまいました」

 一茂氏の「問題発言」は9月15日放送回のエンディング時に漏らした「(プロ野球・広島、ソフトバンクがマジック1の時に)北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな」というもの。「一茂さんは、ちょっと興奮冷めやらぬカッカした口調でした。この発言だけを取り上げると一茂さんがいきなりひどいことを言ったように思えるんですが、実は局内では『玉川さんの責任』があるんじゃないかという見方も強いなんです」

 なぜ玉川氏に非があるのだろうか?前出の局関係者が続ける。

「実は一茂さんの発言が飛び出す前に、玉川さんが一茂に対して“極めて失礼”な発言をしていたんです」

 それは、北朝鮮のミサイル問題について一茂が話す中で、飛び出した。この日は番組開始直前に北朝鮮がミサイルを発射し、Jアラートが鳴ったことで、番組全体をほぼこの問題について専門家を招き議論する構成になっていたのだが、

「一茂さんは大真面目に『Jアラートが鳴った時、どういう気持ちでいたらいいのか』と話そうとしていたんですが、玉川さんが『そのオツムで?』とつぶやいたように聞こえる瞬間があったんです。『そのオムツ…』とも聞こえますが、いずれにせよ、その吐き捨てるような口調から、一茂さんに対する暴言だとネット上で騒がれた。もし本当にそう言ったか、一茂さんが、そういうふうに受け取ったということであれば、『ギャーギャー言うな』発言もしかたないのかなと思ってしまいますよ。以前から一茂さんの発言中に玉川さんが見下したような態度をとることが多々あって、それは誰に対しても言いたいことをズケズケ言う玉川さんのキャラでもありますが、自制を求めさせるべきとの意見が内部でも出ているんです」

 今後、番組サイドが何らかの措置を講じるのか気になるところである。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化