芸能

ビートたけしの名言集「若手芸人をバッサリ斬りまくった生放送」

「次もまた、あの形でやれんだろ」

 去年の暮れ、深夜2時からの生放送。TBS系「ビートたけしのフランスは本当に勲章をくれたのかTV」放送後、2日程たってから殿にお会いすると、“やってて面白かったし、手ごたえあったな”といった感じで、先の発言を漏らしたのです。殿がいたく好感を持った番組の内容をざっと説明します。

 殿&たけし軍団総勢11名がこたつに入りながら、次から次へと登場する若手芸人のネタを生放送で見る。その合間にあらかじめ収録していた、「ボーリング玉・サッカー」「熱湯早飲み選手権」といった、軍団ならではの「痛い!」「熱い!」「殺す気か!」といった言葉が飛びかうVTRを流す1時間半の番組。で、今回は何といっても、殿の希望により開催した、若手芸人のネタ見せゴングショーです。

 スタジオに集まった総勢60組の若手芸人が、最大30秒のネタを披露。が、殿がつまらないと判断した瞬間、幕が閉まり、強制終了となる。で、そのほとんどの芸人が、10秒ともたず、ネタを披露することなく終わったのでした。

 こういったゴングショー形式では、殿のタイミングで幕が閉まる瞬間こそが最大のツッコミであり、それこそが一番の爆笑ポイントです。ですから、芸人さんには少々残酷ですが、ネタどうこうより、“幕の開け閉めの間”を楽しむコーナーなのです。

 幕が開き芸人が登場。自己紹介の後、さーこれからネタをやるぞ! といった瞬間、“もう充分だ!”といった顔つきの殿がボタンを押して幕を閉める。すると軍団全員が一斉に、「殿! まだ何も見てないじゃないですか! いくら何でもそれはないでしょ!」と。それに対し殿は自由奔放な解説を入れながら、見た目一発の印象を述べるのです。やや男前のピン芸人には、

「こいつは女だまして平気でヒモをやるタイプだな!」

 実際に夫婦だというコンビには、

「あいつらは二人で出家しろ!」

 等々、終始、“たけし印全開”な生放送でした。

 で、真夜中3時半。放送終了となり、演者&スタッフ全員で、スタジオにて軽く乾杯となったのですが、その時の殿のあいさつが、これまた実に“殿”でした。

「今日はネタができなくて嫌な思いをした芸人さんもいっぱいいたと思います。ただ、今回はこういう趣旨の番組ですから、そこはちょっと理解してもらって‥‥。だけど芸人というのは、その場の空気や、番組の流れを理解して、その場に合った1分ネタ、3分ネタを用意して戦っていくのがテレビのやり方ですから、まー今日は、それを教えるためにやったようなもんかな? と。まっ、とりあえず皆さん、お疲れ様でした。乾杯!」

 最後に若手芸人をのきなみとろけさせ終える殿。いつだって、ちょっと残酷でしっかりと優しい殿。もうですから、つまり、それが、殿なのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
顔マネに悪意!?松岡茉優、若手女優陣への“本音”トークに「テング状態」の声
4
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
5
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?