エンタメ

5億円「ハロウィンジャンボ宝くじ」1等「13万台」がついに出る(2)100万円以上は昨年の1.5倍増

 長利氏が出目傾向について解説する。

「01年からスタートしたオータムジャンボの1等の当せん番号を見ていくと、組番号や10万台の出目の隔たりがあまり見当たりません。出現頻度もほぼ均等ですし、間隔も不規則で、どこからでも狙えそうです。ただし、その中で唯一『13万台』だけが、まだ一度も出現していないんです」

 ギャンブルの格言では、「死に目は出現するまで狙うな」が鉄則だが‥‥。

「でも、今回は名称変更で“潮目”が変わる気配があります。01年からの7年間は、1ユニットに1等が2本ありました。これを『第1期』として、1等が1ユニットに1本になった08年から昨年までを『第2期』とすると、『第1期』では1等14本のうち『14万台』が4回も出現しています。

 ところが『第2期』になったとたん、『14万台』がピタリと止まってしまいました。まさに“潮目”が変わったように映ります。名称変更となった今年を『第3期』と見れば、過去16年の歴史の中で唯一、1等で出現していない『13万台』が飛び出しても、驚きません」(前出・長利氏)

 名称変更に伴い、もう一つ特徴的なのが、ミニに前後賞が加わったこと。しかも、配当総額は1ユニット14億5000万円。これはハロウィンジャンボよりも1010万円も多く還元率がアップされている。

 前出・長利氏が話す。

「1等は3000万円で、前後賞が1000万円の最高5000万円。ミニにも前後賞ができたことで、前後賞でも1000万円長者の仲間入りが可能になりました。どうしても5000万円を狙いたいという方は連番で購入する必要があるものの、そうでない方はミニをバラで10枚買うと、約3万分の1の確率で1000万円以上に当せんします。いつもは億万長者を目指してジャンボ中心に購入している人も、今回はミニへの挑戦を考えてみてはどうでしょうか。もし30枚の購入予定であれば、ジャンボをバラで10枚、ミニをバラで20枚を推奨します」

 10枚購入時の1000万円以上が当たる確率を見ると、ジャンボの連番が70万分の1で、バラが20万分の1。ミニは連番が8万分の1で、バラが3万分の1とこちらのほうが高確率。さらに昨年のオータムと比較すると、今回はジャンボ、ミニを合わせて100万円以上が約1.5倍の270本も用意されている。

 増額リニューアルされた「ハロウィンジャンボ宝くじ」は、バットを短く持っての“ミート狙い”でもよさそうだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」