女子アナ

巨大桃まんじゅうvs高橋真麻の桃バスト!「食べたい」のはどっち!?

 フリーアナウンサーの高橋真麻が誕生日を迎え、友人たちから祝福される様子をブログにアップした。パーティーの模様をいくつか公開しているが、その中でも注目は10月15日付の「大~きな桃まんじゅう」というエントリーだ。

 真麻によるとレストランで食事をした時のこと、誕生日のお祝いということでデザートに大きな桃まんじゅうが出てきたのだという。それは直径50センチ、高さ30センチはありそうなみごとな桃まんじゅう。うっすらピンク色でしっかりと桃の「渓谷」部分まで再現されている。

「真麻が桃まんじゅうを頭の上に掲げている写真が公開されているのですが、その写真の真麻の胸がこれまたみごとなふくらみを描いているんです。大きな桃まんじゅうに負けない“桃バスト”といっていいレベルなんですよ。豊かな胸を愛する男性の間に衝撃が走りました」(週刊誌記者)

 画像を見てみよう。真麻はノースリーブのニットという服装。桃まんじゅうを頭上に掲げているため、胸を張る体勢になっている。そのため、彼女の推定Gカップが飛び出さんばかりに主張しているのである。

「どちらも素晴らしくて、思わず視線を上下させてしまいました。大きさは桃まんじゅうが上ですが、形は真麻の勝ち。最後は下、つまり真麻の胸に目がクギ付けになりましたよ。もし、いただけるものならもちろん彼女の“桃”がいいですね」(前出・週刊誌記者)

 デザートの桃まんじゅうの中には小さいまんじゅうが入っていたそうだ。果たして真麻の胸の内に今、あるものは、はたして…。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?