芸能

ダレノガレ明美が韓国旅行後に気づいた「本当にモテる方法」とは?

 モデルのダレノガレ明美が、自身のインスタグラムで友人たちと韓国旅行をしたことを報告した。何でも〈仲良しメンバーでやっといけた韓国 ずっと笑ってふざけて、また笑っての繰り返しでした〉そうで、たまの休みを思う存分楽しんだようだ。さらにダレノガレは韓国で「モテまくった」と明かしている。

「韓国でチヤホヤされたことで、どうすればモテるのかに気づいたとか。それは、『しゃべらなければモテる』ということだそうですが、確かにそうかもしれません。ダレノガレはいかにもハーフといった美形でボディも絶品。ですが、しゃべると男を萎えさせてしまうところがある。今後はお口にチャックをして、ニコニコしているようにするつもりだそうですね」(スポーツ紙芸能記者)

 一方、10月11日に放送された「ホンマでっか!?TV」では、不貞について語ったダレノガレ。いわく、妻がいる人を好きになったことはないが、「妻がいる男性に言い寄られます。最初にお金のことを言ってくる。『月いくらあげる』と契約するような感じ」だという。

「つまり彼女に言い寄ってきた男は、もっぱら彼女をベッドをともにする女、見た目だけの女としてしか見ていないわけです。今回の韓国旅行で『しゃべらなければモテる』と気づいたダレノガレですが、逆に言えば、しゃべってもモテるようになるには、話す内容が重要だということも認識したはず。その点は、今後の彼女にとってよかったんじゃないでしょうか」(前出・スポーツ紙芸能記者)

 ダレノガレは交際が報じられたイケメンサラリーマンと結婚寸前まで行ったものの、あえなく破局。次は今回の“教訓”を活かしてぜひゴールインしてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由