芸能

最上もが“男性経験ゼロ発言”に「ヤッた男の嫁から聞いてる」暴露!

 元でんぱ組.incの最上もがが10月17日深夜に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で、男性との交際経験がないことをカミングアウトするも、思わぬ事態に陥っている。

 番組で最上はまず、以前から公表していたが、男女どちらも恋愛対象として見ることができると告白。ただ、男性と付き合った経験がないとのことで、その理由については「付き合うって口約束みたいなところがある。みんなすぐウソつくし、どうせ裏切るだろうとか思うし、傷つくくらいなら関わりたくない」と、男性不信だったことを説明していた。逆に男性から告白されたこともないと明かしていた。

 その後も異性との恋愛に対してネガティブな発言を繰り返していたことを、番組MCのくりぃむしちゅー・有田哲平が心配すると、最上は「結婚しないと思います。願望がない」とも言ってのけたのだった。

 ところが、こうした最上の一連の発言に反応したのが、女性扮装家のうしじまいい肉だった。うしじまはツイッターで〈もがちゃんは男と付き合ったことが無いは嘘じゃないかもしれないですが、男とやったことはあると聞いています〉と、最上が男性と“経験ずみ”であることを伝聞で知っていたと説明。さらに、〈やった男の人の嫁が言ってました 男と付き合ったことが無いバイ設定なんですかね〉と、情報源を明かしたうえで、最上の「キャラ設定」に疑問の目を向けたのだ。

「うしじまの暴露が本当であれば、男性と付き合ったことはないが、男性とオトナの関係を持った経験があるとなれば、それこそイメージは良くないですよね。ですが、でんぱ組の脱退もメンバーとの不仲が原因で、そのグループ内不和も元をたどれば、最上のSNSでの発言が原因だったりと、最上が難しい性格であることもわかっていますし、うしじまの暴露したくなった気持も何となく納得できるところもあります。ただ、最上とうしじまにどういった関係性があるのかも定かではない。元メンバーが噛み付くというのならまだしも、あまり絡みがなさそうなところから横やりが飛んできてしまうのにはビックリです。暴露に驚くより以前にどれだけ業界内に敵が多いのかと思ってしまいますよね」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、こうなってくると、このうしじまの暴露が事実なのかが気になるところ。最上も自身のキャラを守るために、違っているなら、明確に反論して欲しいものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ