芸能

満島ひかり、激ハマリ「刑務官役」は3年前から出演を切望されていた!

 10月17日にスタートした宮藤官九郎脚本のドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。初回平均視聴率は9.6%と、2ケタには届かなかったが、クドカンならではの面白おかしいセリフの応酬や、登場人物の過去、因果関係をテンポよく明かしていく展開に早くも称賛の声が上がっている。

 中でも満島ひかり演じる若井ふたばが、“復讐劇”を仕掛ける伊勢谷友介演じるイケメン社長に、警棒を振り下ろし「しゃべるな、クズ!」という言葉とともにスタンガンを押し付けるシーンには「鳥肌が立った」「最高に格好良いひかりちゃん!」と言ったコメントがネット上にも躍った。

「満島演じる若井は、元女子刑務所の鬼刑務官。女囚の冤罪を晴らすために“復讐”を企てる元受刑者の小泉今日子、菅野美穂、坂井真紀、森下愛子の4人とともに犯行に加わる役どころを演じています。満島本人もドS級のセリフに『宮藤さんは何でこんなキツい言葉を言わせたがるんだろうって、言ってるほうも胸が痛くなりながらやってます(笑)』とコメントしていました」(番組関係者)

 なぜ若井が元受刑者の“復讐劇”に加わったのかがこのドラマの謎を解く大きなカギだそうで、表の主役が小泉なら裏の主役が満島、ということのようだ。

 満島がクドカンドラマに出演するのは、2014年の「ごめんね青春!」(TBS系)に続き2度目。この前作に出演中に、早くも「監獄の──」への出演依頼を受けていたという。

「実は『ごめんね青春!』の打ち上げの席で、宮藤から直接『次は女囚のお話で、満島さんは人を番号でしか呼ばない看守さんをやってもらいます』と出演をオファーされていましたが、まさかそれが本当に形になるとは…」(前出・番組関係者)

 当時、最もスケジュールを押さえられない女優と呼ばれていた満島に3年前にオファーしていたとは、宮藤もよほど彼女に出演してほしかったに違いない。

「満島演じる若井は、女囚を演じる個性派女優陣を仕切る母親のような役。満島自身もきょうだいが多く“おねえちゃん”なので、自分に合った役割を演じていると話しています」(テレビ誌ライター)

 宮藤自身が一番描きたかった、今回の“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。さしずめ満島は、個性派女優陣をまとめる“クドカンワールドの猛獣使い”と言ったところか!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?