芸能

堀田茜がまさかの変貌!ウェットティッシュで初キスをぬぐう「ウルトラ潔癖症」が消えた

「ファーストキスの後には、ウェットティッシュでめちゃくちゃ唇が荒れるくらい拭いた」

 そんな極度の潔癖症を貫いていた女子が、変われば変わるものだ。4月に結婚したばかりのモデルで女優の堀田茜が、のちに夫となる彼氏との川遊びデート回顧に、冒頭のごとき過去の発言を知る人の多くが、首をかしげたに違いない。

 そのエピソードはというと、川に入って遊んでいた彼氏が川から上がったタイミングで、濡れた足を拭けるよう、持っていたハンカチを渡したことに端を発する。

 ハンカチを受け取った彼は足を拭き、お礼を言いながら返してくれた。堀田はそこで「恥ずかしくなってしまった」という。すると、そのやり取りに喜びを感じつつも素直に対応できず、「汚いから捨てる」と、おもわず相手を傷つけかねない言葉を吐いてしまった。結果、これが彼との距離を縮めることになったというのだが…。

 エンタメ誌ライターが振り返る。

「6月11日放送された『踊る!さんま御殿?』(日本テレビ系)での発言ですね。この日は、女子校出身の芸能人が集合して、男性への免疫がないことで、目の前で可愛いリアクションができない悩みを打ち明ける回でした。ところが堀田に関しては、ハンカチを返してもらう際のリアクションが、照れていて可愛くなりきれないところが良かったと彼氏に刺さったようで、むしろ功を奏した。それでも、かつての堀田なら足を拭いたハンカチなどは汚物でも見るように拒絶したはずだと…」

 今から6年前、18年3月に放送された「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で、堀田は極度の潔癖症を明かしていた。冒頭の「ファーストキス」エピソードはその日の発言で、相手が恋人だったにもかかわらず、というものだった。

 また、湯船に皮脂が浮いているからという理由で、温泉には絶対に入らないと明かすと「芸能人がテレビで言うべきことではない」との批判が。

 ところが今回は、そんな堀田が川の水や彼氏の皮脂がついているはずのハンカチを、照れてしまって受け取れなかったという「前言撤回」のようなエピソードだ。結婚に至るほどの「愛」は、人を変えるということだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】